読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

結婚した息子と疎遠にならない方法

その他 ★SMAP

ちょっと骨休めに。

真偽のほどはともかくとして、内村航平選手の嫁姑関係や工藤静香と木村母および元マネIさんとの確執が何かと取りざたされていますが、親孝行だった息子が結婚した途端、ろくに顔も見せず、嫁の実家にべったり……と嘆くお姑さんはこの世の中にごまんといます。

 

子どもは社会からの預かりもの。一人前に育てたら、社会に返さないといけない。

 

というぐらいですから、いつまでも親のすねをかじっている子どもや年金欲しさに亡くなった親の死亡届を出さないような子どもに比べたら、自分の家族を持ち巣立っていく息子は誇らしいはずなのに、小さいころから手塩にかけて育てた母親からすれば、そう簡単に割り切れる話でもありません。

しかも、嫁のことをもともと気に入らなかったとしたら、なおさらです。

 

そもそも、なぜ娘は生まれ育った実家と結婚後も仲良しなのに、息子は実家と距離をとるようになるのでしょうか。

簡単にいえば、母親は2人も要らないからです。

日本の男性は特にそういう傾向が強いようですが、結婚後は妻に母親の役割を求めるため、ごはんを作ってくれて、パンツを洗ってくれる人がイコール母なんです。

それに比べて娘のほうは、結婚しても自分が母親役をやらなくちゃいけないわけですから、自分の母は永遠に実家の母だけということになる。

だから、結婚後も実家とは疎遠にならない。

なので、息子が結婚したら、もう別の家族になったと割り切ったほうがいいのかもしれない。

ただ、例外もあって、いやいや、うちの旦那はしょっちゅう実家に帰るし、お母さんと仲がいいですよという場合は、妻が夫の母親がわりではなく、妻としての役割に重きを置いているということではないでしょうか。

 

もう一つ、結婚に反対されて、それがしこりになっている場合があります。

気をつけなければならないのは、息子が相手の女性にベタ惚れなのに、それを認めようとせず、息子がたぶらかされたと思い込んでいるケース。

この場合、ちょっとでも反対したり、彼女を非難しようものなら、息子は全身全霊で彼女を守ろうとして、実家と距離を置くようになるでしょう。

この場に及んでも、あの嫁が私たちから息子を遠ざけているという考えに固執するようであれば、息子との距離はますます開いていくばかり。

だから、息子が彼女にぞっこんであることに気づいたら、たとえ気に入らなくても、結婚を反対しないほうがいいです。

強固に反対するなら、縁を切るぐらいの覚悟で。

これとは逆に、彼女のほうが息子にぞっこんの場合は、ちょっとぐらい反対しても、夫の実家に気に入られるよう努力してくれるので、後々までしこりは残らないと思います。

 

どちらにせよ、母親にとって最も都合がいいのは、息子も娘も相手から惚れられて結婚することですよね。

最後に、息子をエリートにするべく涙ぐましい努力をしているお母さんたちに一つだけ言いたいのは、息子がエリートになって得をするのは将来の嫁だけですよ。

将来の嫁のために頑張っているということにぜひ気づいてください。