目からウロコ

ブログ名を変えました。(旧SMAPのいる日常)

ツケが回ってくる

陰謀論者のブログやツイート等に批判的なコメントをするアルバイトがあるんだって。

ひと絡み100円とかなんとか。

しつこく絡みついてくる輩は十中八九お仕事でしょうね。

一方で陰謀論を拡散するアルバイトもきっとあるに違いない。

少し目覚めた人や陰謀論に興味を持った人に真実と嘘の入り混じった情報を与えて誤った方向に誘導するのが狙い。

ほかにも、農薬や添加物まみれの食料を流通させる一方で、健康志向の富裕層を相手にオーガニックビジネスを展開しているのも同じ資本だったりするんだろうなぁ。

日本は規制が緩くて、オーストラリア産の肉やノルウェー産のサケ、サバにしても日本向けと欧州向けでは防腐剤から何から異なるって聞いたことがある。どこまで本当かわからないけど。

ただ、健康問題はちょっと置いといて、日本の場合、だれもが安くておいしい食品を手に入れることができるというメリットはあったわけで、欧米なんかは衣食住における金持ちと貧しい人の二極化がはっきりしているでしょう。

井口先生の話だったかな、向こうの大学は教授陣と学生の食堂が別々なのが普通で、日本のように社長と平社員が同じ食堂を利用するなんていうのは稀だと。そういう意味で東京五輪の選手村は一流選手と同席できて評判良かったって。

それはそれとして、食うに困らない時代に慣れちゃったのか、恵方巻をアホほど作って捨てるという愚かなことをやったツケがそろそろ回ってくるようです。

私は何年も前から身近な人たちに「食糧危機が来るよ」と言ってきたけど、みんな真剣に受け止めようとしなかった。

叔母に至っては「そうなったら、食べへんかったらいいねん」と笑ってた。

あのね、あなたの飼っている7匹の猫にそんなことを言っても通用しないよ。

そういえば、ニップンがサイバー攻撃に遭ったあと、小麦が高騰して、先日はしまむらが同じ目に。ってことは、次は衣料? 綿はウイグル問題を抱えているしね。

 

www.jcfa.gr.jp

 

なるほど、そういうことか。

 

そろそろ4回目接種券が発送されるのかな。

きょう訪問診療の先生とそんな話をしまして、3回目接種の5ヶ月後から可能なので、8月ごろにピークを迎えることになりそうですと。

感染者は減ってはいるけど一定数は維持されているようで、9月ごろにまた増えるかもしれないですね。

カネ、カネ、カネで本当にうんざりやねぇ。

ひと段落ついて

コロナがひと段落つき人が動き出して経済が回るのはよいことですが、動かんでもいいものも動き出すのが少々厄介です。

インターホン越しに門前払いをしても「お玄関まで出てきてください」としつこく食い下がる訪問営業やセールスの電話がやたらと増えて面倒くさい。

こういうのはずっと自粛してくれたらいいのに。

また、感染拡大中は閑古鳥が鳴いて商売あがったりだった行きつけの美容室。その折には予約の電話を入れると「はーい、お待ちしていまーす」と甲高い声を出して歓迎してくれたのに、きょうは「予約でいっぱいです」とあっさり断られちゃった。

なんていうのかな、買い手市場から売り手市場になったとでもいうのか、今後、人手不足とモノ不足によりその傾向はもっと顕著になっていくでしょう。

コロナをいったん収束させるのは、1.庶民の我慢が限界に来ているので一時的に開放する、2.安値で買い叩いた資産でひと儲けする、3.インフレをさらに加速させるといったところでしょうか?

それにしても、2月、3月の電気・ガス代が前年比8,000円、4月は5,000円高かった。

今のペースでも年間で7〜8万円の値上がりになっちゃう。

これがマックスとは思えないので、さて、どこで節約しようかと考える。

そのわりに世間はまだまだ旅行や遊びにお金を使う余裕があるのね。

みんなお金持ちなんだ。

 

 

運命の人

今朝のニュースではじめて気づきました。

きょうで沖縄返還から50年。

 

 

ということは、千日前デパートの火災はこの2日前だった。

どちらも50周年かぁ…。

沖縄返還協定が前年の1971年。

沖縄返還時の日米密約を題材にした山崎豊子の小説「運命の人」で有名な西山事件ですが、毎日新聞の記者だった西山太吉が逮捕されたのは翌年の4月4日。沖縄返還の40日前で、ほんと直前ギリギリの攻防だったんだ。

 

 

私はまだ子供だったので、その辺のことは薄っすらとしか覚えていないんですが、ふつうに考えても、沖縄返還のニュースが千日前デパート火災の騒ぎに霞んでしまったのではないかと。実際どうだったんだろう。

 

「運命の人」といえば、2012年にドラマ化されて私も見ました。

当然、TBSです。

不倫関係を持った外務省職員の女性役が真木よう子

山崎豊子の小説のドラマ化は、たいてい原作のよさが台無しになってファンからボロクソに叩かれることが多いんですが、このドラマはまあまあ良かった。

何がいいとか悪いとかは抜きにして、今も昔もスクープは命がけ。

しかし、昨今は命を懸けてもしようがないと記者が最初からあきらめているような気がしますね。

なにせ世界の報道自由度ランキング71位ですから。

 

 

 

gomami.hatenablog.com

 

朝令暮改

www.jiji.com

 

選挙前だといっても一貫性がなさすぎ。

参院選が終わったら、向こう3年は安泰なんでしょう。

きっと増税ラッシュが待っているんだろうな。

死亡税とか独身税とか検討に上るだけでもおぞましい〜。

インフレと増税か💦

近所の100円ショップに300円、500円のコーナーが増えてきました。

100円ではもう採算が合わないのね。

そのうち1,000円ショップになり、1万円ショップになって、それでも安いね〜という時代がやってくるのか、いや、その前に100均も高級食パン店とともに消えているかも。

虫に悪戦苦闘

きのうようやくシロアリ退治が完了しました。

業者さんに連絡してから待つこと3週間。

こちらの都合もあったのでそれだけの日数がかかりましたが、それでも今の時期だと2週間前後は待たなきゃいけないかも。

外からでは無理なので、畳を外して床下に潜ってもらいました。

それ以外にも床やタイルに何ヶ所か穴をあけて薬を注入するので、なかなかハードなお仕事です。

もし突然シロアリが大量発生したら、殺虫剤をまくより、今ならどこの家庭でも常備しているアルコールスプレーを吹きかけると効果的です。

シロアリは弱いので水でも死にますが、アルコールのほうがあとの拭き取りが楽です。

何せアリなので、何匹かは飛びますけど、ほとんどは床を這ってますので、殺虫剤よりは水orアルコールorガムテープがオススメ。

 

もう一つ、2年前に備蓄用に購入した5kgの玄米、いちおう冷暗所に保管してましたが袋から出していなかったので、米びつに移し替えて虫除けならぬ虫寄せグッズを入れたところ、思ったとおり無数のダニが寄ってきたので、5kgすべて精米してから冷蔵庫に入れました。おかげで今、冷蔵庫はコメだらけ。

そうそう、柿渋染の米袋、売り切れなんですよね。

ただ、あれでも多少の虫はつくみたいですが。

一般家庭でコメや小麦、大豆を備蓄するのは限界があります。

保冷庫を置くスペースがない。

コメのかわりにパック入りのもち麦や雑穀を増やしておこうかな。

これでコメの消費が半分ぐらい抑えられるかも。

 

あの火災から50年

 

 

千日前デパート火災  1972年5月13日 死者118人。

ホテルニュージャパン火災 1982年2月8日 死者33人。

うーん、なんだか意味ありげな数字が並んどる。

千日前は大阪奉行所管轄の刑場・火葬場・墓があったところで、新選組近藤勇の首もここで晒しものにされたらしい。

火災現場の跡地は今はこんなふうになっています。