目からウロコ

ブログ名を変えました。(旧SMAPのいる日常)

老いの準備

毎日、年寄りの世話に明け暮れてただ老いていくだけの人生ですが、介護を通していろいろ学ぶことは多く、介護サービスを利用することで多くの人に支えられながらどうにかこうにかやっております。

実際、介護保険を申請するとわかりますが、デイサービスやデイケアを利用するにしても、福祉用具を借りるにしても、自宅を改修するにしても、契約書を取り交わしたり、いちいち面倒な書類を提出しないといけない。

そうはいっても、ケアマネさんが助言なり指導なりしてくれるので、ほとんどお任せですが、まずは説明を理解する能力が最低限必要なわけです。あとは自筆で書類にサインできるかどうか。

同居家族なり近くに子どもが住んでいれば問題ないのですが、独居老人の場合は何かと不都合が出てくる。

たとえば、デイサービスなどの送迎は基本玄関前まで。家族の立ち会いを条件にしているところが多いので、利用者が一人暮らしとなると、とにかく玄関までは自力で出てこないといけない。それが困難な場合は、ヘルパーさんに介助してもらうしかないんですが、ところが、恒常的なヘルパー不足で、希望する時間帯に来てもらえるとは限らないそうです。

ヘルパーさんにしても、ここの事業所のヘルパーは質が良くないとか、いろいろ問題があるようで、体力も知力も低下した高齢者一人で対応するのはやはり心もとない。

なので、一人暮らしあるいは子どもが遠方ですぐに駆けつけられない場合、足腰に支障が出てきたら、まだ頭がしっかりしている段階で介護保険の申請を済ませて、サービスを利用しながら、ケアマネさんとの信頼関係を築いておくほうがいいと思うのです。

 

うちの担当のケアマネさんははっきり物を言う人なので、苦手な人は苦手かもしれませんが、私はずいぶんと助かっている。

ベテランなので介護認定もできるし、相手が役所であろうが病院であろうが全然負けてない。

近隣のお医者さんのことも熟知していて、今回訪問診療をお願いすることになった先生もケアマネさんの紹介。

これがね、もう後光が差しているんじゃないかと思うほど良い先生なの。

今、国も在宅介護に力を入れているから、以前と違って訪問診療を請け負うお医者さんも増えてきました。

少し前だと、大橋巨泉さんの奥さんが怒ってらした、たしかご本人は生きることに前向きだったのに、いきなり死生観を聞かれてショックを受けていたとか、そういう報道がありましたよね。当時はまだメインが緩和ケアだったから、そういう行き違いがあったんでしょう。

今は、40-50代で開業したばかりのフレッシュな先生たちが訪問診療を始めている。

私も以前は年取ったら施設に入ったほうが安心かなと思ってたんですが、今回のコロナでそうでもないことを悟ったので、ぎりぎりまで自宅で過ごせたらいいなぁ~なんて考えています。

 

選挙の秋ですなぁ。

季節は夏からいきなり晩秋に。

空気が乾いて、例年だと10月末から風邪やインフルエンザがひそかに流行り始めるのだけど、その流れに逆らうかのように東京や大阪など大都市でも時短制限を解除して経済活動を優先させようという動き。

英国では史上最悪と言われるほどのしつこく長引く風邪が、ロシアではデルタ株より感染力の強い変異株が感染を広げているんだとか。

これでもし日本の第6波がたいしたことがなかったら、神風が吹いたとしか思えない。さて、どうなることでしょう。

 

3年前に大腸がんと乳がんで他界した友人がこんなことを言ってました。

「最初にがんと聞いたときはものすごくショックだったけど、そのうち、自分ががんであることに慣れてくるのよ」って。

陰謀論という表現はともかくとして、最初にそういう世界に足を踏み入れてしまったとき、激しい怒りと恐怖で頭がおかしくなりそうでしたが、今は慣れてやや不感症ぎみ。

それでも定期的に愕然とすることはありますが。

弟が子どもたちにワクチンを打たせたと聞いたときもショックのあまり寝込みそうになりましたが、国民の7割以上が接種済みとなった今、こちらも不感症ぎみ。気にはなっているんですが、その後どうなったのか知らないの。生きていることは確かですが。

 

さて、選挙ですが、無駄だと思いながらも投票には行くだろうなぁ。

政治に関しても不感症ぎみです。

うちの選挙区は自民と維新と立憲の戦い。

大阪府の端っこなので、知事選だと選挙カーもほとんど回ってこないけど、今回は接戦なのか、どの候補者も市議会選挙並みに細い路地までくまなく回ってくる。

支持している政党がないので、いつも比例が悩みどころ。

でも、この表を見て、少し興味がわいてきました。参考にするわ。

 

 

なんか腑に落ちない

www.yomiuri.co.jp

 

わたしが阪大病院に入院したのは20年前だわ。

どんぴしゃ。

そっか、簡易処理しかしていない井戸水で手洗いやうがいをしてたわけね。

さすがに調理室では使用されてなかったってこと?

健康被害は確認されていないというけど、ほんとうにちゃんと調査したのかな。

 

f:id:gomatchi2858:20211021152424j:plain

 

この事件がきっかけで調べたとしたも、えらくスピーディーなこと。

それにしても、水道水が原因で血症って起きるものなの?

血液中の酸素が行き渡らなくなるって……。Σ(・□・;)

 

日本はまだマシらしい。

note.com

 

オーストラリアのメルボルンアメリカの、どこかな、ビルゲイツのおひざ元って、シアトル、ワシントン州? 要はブルー地区ですね、そこにお住いの日本人女性の生の声。

現地の事情がよくわかります。

オーストラリアのNWOっぷりは、ある意味、中国よりすさまじいですね。

おそらく接種率と関係しているんだと思う。

 

 

 

メルボルンはロックダウンでさんざん締め付けてやっと70%到達。

ビクトリア州全体ではそう高くないのね。

中国は長らくの共産党支配下で政府に逆らってもしようがないと国民があきらめているるから、さっさと打っちゃった。

日本なんてあれよあれよという間に世界上位に食い込んできた。

従うことに慣れているからさほどのストレスもなく、むしろストレスを感じているのは未接種者のほうかも。

だから、シュワブは生き残る5億人の中に中国人と日本人は入ると言ったんでしょう。理由は従順だから。ガイドストーンには日本語の表記はないらしいけど。

今後、接種率が低いロシアやルーマニアがどうなるか、ですね。

ブースターが進まないようだと、日本だってこの先はわからない。

大阪は野戦病院まで作ってやる気まんまんだし。

大阪の動きを見ていると、なんとなく読めてきますね。

 

コロナ後遺症は女性に出やすい?

 

1週間前の記事です。

コロナで男性が重症化しやすいのは鉄が関係しているんじゃないかという話があって、つまり血中フェリチン濃度が高いと重症化しやすい。

女性は月経のため鉄不足ぎみ。ゆえに男性に比べると重症化リスクは低い。

ところが、後遺症は女性に出やすい傾向があるという。

ということは、回復期においては、鉄不足はマイナス要因になるのかな。

ヘモグロビンが少ないと全身に酸素が行き渡らないから?

そうなると、鉄のさじ加減が難しいですね。

コロナに緑茶や柿の葉が効くというのは、タンニンが多く含まれているというのも一つの理由でしょう。

タンニンは鉄を阻害するのでふだんはあまり良く言われないけど。

ワクチンの解毒についての情報は少なくないんですが、長引く後遺症にこれが効くという決定打みたいなものはなかなか出てこないですね。

 

日本のお家芸 !?

 

www.asahi.com

 

GJ!と言っていいのかどうかわからないけど、いつもの日本方式だったりして。

データが消えるとか漏れるとか、ほかの人のデータと間違えるとか、もはやお家芸

ワクチンを保管する冷蔵庫の電源が知らない間に抜けてました~と似てなくもない。

技術のスキルが諸外国より劣るってことはないと思うので、扱う側の問題。

 

ほんと、狭いところ好きですよね〜

 

 

優雅に毛づくろいをしてるw

枠や囲いの中が安心するみたいですね。

でも、布団の上を横切ったりしないの。

遠回りになっても、へりに沿って歩いてるわ。

 

f:id:gomatchi2858:20211017163633j:plain

f:id:gomatchi2858:20211017163728j:plain