SMAPのいる日常

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

何となく流れが変わってきた?

平昌オリンピックが無事に閉幕。
閉会式のパフォーマーとして K-POPのEXO(エクソ)が選ばれたことで、えっ、まさか東京オリンピックでジャニーズや AKB が出演するなんてことにならないよね?と心乱れた方も多かったようですが、韓国の場合、エンターテイメントコンテンツの輸出は国策ですからね。日本とは多少事情が違うと思います。

 

オリンピックの開催中、熱狂の中にかき消されていた裁量労働制の可否についてテレビが急に取り上げ始めました。
流れが変わってきたのかなぁ。
この問題は安倍政権の命取りになるかも?なんて言われていますが、確かに仕掛けられた感じがしないでもないですね。
考えてみれば、中国の江沢民や韓国の朴クネ政権の特徴であった反日(愛国心)と官僚の不正や汚職というのは、今の安倍政権にも共通するところがあって(反日嫌韓と反中)、ということは、このシナリオを考えた背後勢力が同じということでしょうか。
だとすれば、表の看板が架け替えられても、「法人税を引き下げて国民にはどんどん増税せよ!」なんていう勢力が日本を支配している限り、大きな変化は望めるのかな。
そこなんですよね、問題は。

 

日本のメディアが盛んにトランプ叩きをやっている間に、私の周りではじわじわと反米感情が高まってきています。

「トランプは嫌いだけど、アメリカは好き」なんて、そんな都合のいいようにモノを考えないですよ、一般人は。