📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

【番外編】マーケットの動向を占う①

ゴローさんがカブドットコム証券のHPから消えて、まだ寂しさは癒えませんが、森高千里にも慣れてきました。

私は株の取引は得意じゃないんですが、投資家同士のせめぎ合い(心理戦)を見ているのがおもしろくて、この前も増担解除になった銘柄の掲示板が「明日から爆上げだ!」と大にぎわいだったんですが、案の定、翌日、だまし上げに遭って、即座に売りを浴びせられていました。

掲示板は、裏の裏を読んで書き込まないとだめね。

あと、金融占星術と照らし合わせて、どこまで信憑性があるかをチェックしたりしています。

 

これから日本株が上がるのか下がるのか、判断が難しい局面ですね。

日経平均は2万円を超えて、チャートも上に行きたそうなんですが、アメリカがね……。

3月に引き続き、6月の初めにもヒンデンブルグ・オーメン(暴落シグナル)が点灯。

3月と違ってまだ暴落の兆しはないんですが、原油価格の下落が気になります。

 

占星術では、原油を表すのは海王星です。

これが16日、逆行(地球から見て)を開始しました。

その直前に原油価格が下落。

実は、ここ3年ぐらいを見ると、海王星の逆行を機に原油が下落しているんですよ。

ある著名な投資家の言葉に「億万長者は占星術を使わないが、大富豪は使うだろう」というのがあるんですが、大富豪が売っているのかしら⁉

26日、この海王星が火星とトライン(調和的)なので、上下どちらに動くかですね。

これ以上、原油価格が下がると、ラマダンが明けたらサウジやカタールの政府系ファンドが株を売ってくる可能性も捨てきれないし、上がる場合も、普通に底打ちしたのならいいんですが、中東でトラブルが起きて上がったとしたら、株にはマイナス。

また、25日は北朝鮮の朝鮮戦争開戦記念日なので、この週は核実験を行うかどうか注意が必要。

 

ということで、このあたりを無事に通過したら、7月から始まる決算発表の期待から日経平均は2万1,000円を目指すのかもしれません。

ただ、きょうの日経新聞によると、7月は70%円高だという過去のデータもあるらしいので、どうでしょうか?

マザーズやジャスダックに関しては、かなりバブッているので、どこで調整が入ってもおかしくないし、とりあえず私は7月まで様子見です。

上がったら上がったで困ることはないし。