📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

SMAP解散騒動までを時系列で振り返ってみる

twitterで拾った情報によると、事務所が会報発行の準備をしているとのこと。
心配しているファンに向けて5人からメッセージがあるのか、いつものように当たり障りのない内容なのか。
ま、ま、後者の可能性が高いでしょうね。
事務作業が混乱しているのだろうとは思いますが、何のアナウンスもないから、みんな不安になる。
ファンはもしかしてSMAPが冷遇されるんじゃないかということに対して、事務所はマスコミ(特にネット系)があることないことを書くんじゃないかということに対して、双方がものすごくセンシティブになっているので、このギクシャクした関係が平常に戻るにはまだまだ時間がかかりそうだ。
そんな日が来るならうれしいけど。


年が明けてから私の頭の中も混乱したままなので、ちょっと整理してみたい。

まず、2014年は文句なしに楽しい年でした。

9月   コンサート(大阪)に行く
10月  慎吾の舞台を観劇
11月  吾郎さんの舞台を観劇
12月  Xmasコンサート(大阪)に2日とも参加

f:id:gomatchi2858:20160319195530j:plain

(このケースが使えなくなるから、iphone6に買い替えられないじゃないか)

 

で、問題はここから。

 

2015å¹´
1月  週刊文春に「あの子たち踊れないでしょう」記事が出る 
2月  スマ友とSMAPの聖地「かく庄」に行く

 

f:id:gomatchi2858:20160319200211j:plain

 

このとき、文春の記事について、スマ友と「何ごともなかったのかな。でも、「踊れないSMAPです」とかいってネタにもしないっていうのは気になるね」などと語り合う。

店を出てから、2人で書店に立ち寄り、中居くんが愛読している本を買って帰る。

 

7月  「HERO」の公開初日(東京の舞台挨拶を同時中継)を見に行く

8月   拓哉の舞台挨拶、見事に落選

スマ友と「来年のコンサートのために今からお金を貯めておこうね」と言って串カツ屋で乾杯する。

(今思えば、独立問題が本格化したのはこのころと推察される)

 

12月  さんスマは何も感じなかったが、さんタクの拓哉(導入部分)がいつもに比べて元気がないように思った。

 大晦日 紅白とCDTVを見る。CDTVは観客に大盤振る舞い。中居くんがNHKからの移動中、僕はカウコンを見ていたと話していたのが印象的だった。

 

そして、いよいよ2016年❢

 

1月11日 NHK のど自慢チャンピオン大会。何も気にせず楽しく拝見。

13日早朝、スマホのヤフーニュースを見て飛び起きる。

 

<続く>

 

1つ前の記事 

gomami.hatenablog.com