SMAPのいる日常

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

ついに〝SMAP〟が消える⁉

うっかり見てしまったNHKニュース。

被災地を訪問した首相のすぐ後に、マツジュンの映像が流れたわ。

期待を裏切らない予想どおりの展開。

中居くんは、個人でも行っちゃダメなの?

 

ところで、木村くんのラジオ「What's UP SMAP!」のタイトルが変わるらしい。

ついに〝SMAP〟が消えるのだ。

「えっ、とっくに解散したじゃん?」と一般の人は思うでしょうが、唯一、SMAPを語ること、SMAPの曲を使用することが許されているのが木村くんであって、そのラジオの内容・タイトルが一新されるということは、つまりそういうことなのである。

ということは、なんですか、来月からジャニーズは正式に新体制に移行するの?

ならば、私の占いが当たってるのかな。

まあ、いろんな星占いがありますが、基本は一緒だべ。

 

<過去記事から抜粋したジャニーズの運勢>

2016.10.29 前後1ヶ月ですから、影響は9月から11月まで。好機。問題解決の糸口。ものごとの改善。昇進・昇格など。ただし、トランシットの土星がスクエアを形成しつつあるので、気苦労は絶えない?

2017. 1.26 前後1ヶ月ですから、影響は2016年12月から2017年2月までプログレスの月と太陽コンジャンクション。新しい流れ。新規プロジェクト。新しい人間関係。ただし、トランシットのキロンがコンジャンクション、トランシットの土星がスクエアなので、感情が極端になりやすく、他人の言うことに耳を貸さないなど障害も多い。

2018. 7.25 前後1ヶ月ですから、影響は6月から8月までプログレスの月とネイタルの冥王星オポジション(180°) 大きな転機。ライフスタイルの変化。オール・オア・ナッシング。ゼロからの再生。

2020 .6.10 前後1ヶ月ですから、影響は5月から7月までプログレスの月とネイタルの天王星オポジション(180°) 変化と改革。波乱含み。トランシットの土星がスクエアなので、かなりの苦労を伴うが、乗り越えたときには得るものも大きい。

 

 

gomami.hatenablog.com

 

 

フィギュアのソチ五輪銅 デニス・テン選手が暴漢に襲われ死去

 

今飛び込んできたニュース。

信じられない。

車のミラーを盗もうとした暴漢に大腿部を刺されて、3リットルの大量出血。治療のかいもなく亡くなったそうです。

ファンはもちろんですが、選手たちのショックはうかがい知れない。

殺人熱波・・・(◎_◎;)

太陽から黒点が消えて、地球は寒冷化に向かっているはずなんですが、なんでこんなに暑いんでしょうね?

夏は暑いものだ!なんてことが通用したのは、土と緑が豊かだったころの話です。

時代錯誤な妄想はきっぱり捨てて、それぞれが命を落とさない工夫を。

豊田市の小学校で一年生の男の子が熱中症で亡くなるという事件がありましたが、気温が40℃近いと、アスファルトの道路上は50℃ぐらいまで上がる。しかもやっとの思いで帰ってきた教室はエアコン未設置で37℃ぐらいあったとか。地獄だわ……。

大阪北部地震では殺人ブロック塀で小学生の女の子が犠牲に。

(ちなみに、高槻市、エアコンに関しては小中学校とも100%設置済みだそうです。)

登下校中に暴走車にはねられて命を落とす子ども。

通学路で変質者に待ち伏せされ被害に遭う子ども。

いじめを苦に校舎から身を投げる子ども。

付属池田小の事件以降も、学校や通学路で命を落とす子供が後を絶たない。

子どもは社会の宝なのに、ほんとうに大事にされているのかなと思う。

 

先日の新聞に、西日本の水害で農業の被害が481億円という概算が出ていました。

あまり報道されないけど、北海道も雨が多くて、農作物がやられているんですってね。

何やら日本の農業を破壊する力が外から内から働いているのかと疑ってしまう。

中国が干ばつ対策としてチベットで大雨を降らす(人工降雨)計画があるそうですが、軍隊を持っている国ならどこでも気象操作をやっているんでしょう?

世界気象機関(WMO)も認めているし、アメリカの小学校の教科書にも載っているようなごく当たり前の話。

人工的な気象改変のせいで自然界がおかしくなっているのかもね。

この暑さを理由に東京五輪を辞退する国が出ないことを祈りますわ。

とにかく、暑さが峠を越えるまで自分の身は自分で守りましょう。

このブログの殿堂入り記事はなんでしょう?

一応、ブログのメインテーマは〝SMAP〟ですが、人気記事の常時トップは「結婚した息子と疎遠にならない方法」です。

めでたく殿堂入り〜。

最初は心理学の記事からスタートしたんですよね。

何でもありのブログにしようと思ってたんですが、結局、〝SMAP〟に特化。

 

gomami.hatenablog.com

 

で、最近、急上昇しているのが「糟糠の妻を捨てる男性の心理」です。

きっとあれね、小室哲哉氏の件でしょう。

KEIKOさんの親族が怒っているという。

ただ、無名時代から支えたというわけではなさそうなので、糟糠の妻と言えるかどうかわからない。

 

gomami.hatenablog.com

 

 

時を待て

テレビが見れなくなったのは、ブースター電源の故障で、これが天井裏に設置されているものだから、横殴りの雨のせいで接続部分に水がかかったんでしょうね……というのが電気屋さんの説明でした。

地震と大雨により近隣でアンテナの不具合が多発し、修理まで一週間かかりました。

テレビがなくても困らないんですが、またこんなつまらないことをやってる!とツッコむこともできないので、まあ、しばらくは見てやろうじゃないか。

 

西日本が大水害で大変なときに、タイ少年の救出劇を熱心に伝える必要があるのかなと思っていましたが、あちらは敬虔な仏教国。

山岳地帯に住む少年たちは貧しく、うち3人は無戸籍と聞きました。

タイではだれも彼らの行動を咎めることなく、全員の無事救出を世界じゅうが喜んだ……と思ったら、どこぞの国のワイドショーの御用コメンテーターが、ダイバーさんが一人亡くなっていることを理由に、彼らにも反省すべき点はあるとかなんとか言ったらしい。

出た、お得意の自己責任論!

これぞ新自由主義の真骨頂。

貧乏も自己責任、病気も自己責任、学がないのも自己責任。

「自己責任」というフレーズが流行ったのは、小泉政権下ですよね。

イラクで人質になった若者が強烈なバッシングを受けたのは記憶に新しい。

同時に、カネ、カネ、カネの拝金主義がもてはやされて、ホリエモンが華々しく登場。

ベストセラーになった本が、金持ち父さん、貧乏父さん。だっけ?

こつこつ働いて、マイホームのローンに追われるだけの人生ってつまらないでしょう?

というこの風潮に大きく影響を受けたのが今の30代。

セレブという言葉が一人歩きを始めたのもこのころですね。

 

ところが、好景気はそう長く続かない。

リーマンショックで世界的大不況が到来。

派遣切りが続出して、つい先日までミリタリールックに身を包み、靖国に集結していた若者たちがプロレタリア文学蟹工船」に傾倒し始めた。

その矢先に起きた秋葉原の事件。

で、こんなに格差ができたのは小泉さんのせいだ!と世間が騒ぎ出したときには、当の小泉さんは引退して表舞台から消えていた。

その腹立ちが首相の麻生さんに向かったのか、漢字が読めないバッシング。

その結果?ついに政権交代

 

といった流れだったかな。

何が言いたいかというと、不景気が来るまで若者は気づかない。消極的にでも現政権を支持するだろうということ。

題名は忘れたけど、ある歴史ドラマの名セリフ。

〝憎しみは胸の奥に秘めて時を待て〟

時機って大事ですよね。

 

まだテレビを見る気になれず……

音楽の日」で検索して、当ブログにご訪問いただいたみなさん、ごめんなさい。

ことしはほとんど見てないんです。

時間があいたので、テレビをつけたら、これがまた万の悪いことに、ちょうどやんちゃ男たちの出番で、そのまま切っちゃいました。

何もないときならいいんですけどね、今は見たくないの。

 

尾道で被災した方の遺体が遠く離れた今治で発見されたと聞いて、東北の津波がフラッシュバック。

屋根の上で必死で救助を求めていたご家族、おばあちゃんとワンちゃんもいたっけ。

あれから無事に救出されたかな?

数に入れてもらえない犬や猫や家畜も被災者ですもんね……。

それにしても、この暑さは何とかならんのでしょうか?

こんなに海面の温度が上がったら、秋には大型台風が大挙押し寄せそうで怖い。

いや、時期はもっと早くなるかも。

そういえば、去年秋は衆議院選挙の当日にでっかい台風が来ましたねぇ。

日本列島縦断。

家が壊れるかと思いました。

意地で投票には行ったけど、あんな思いは二度とごめんです。

できれば選挙は台風シーズンを避けてください。

 

ところで、5月の記事ですが、ロシアのイゴーリ・トカレフ大佐が爆弾発言⁉

「現時点では、いくつかのアジア諸国核兵器を開発するために地震を偽装して数十年にわたり地下核実験と潜水艦核実験をしている。もしそれがまだ秘密であると考えるならば、それは間違っている。ロシアは長年その証拠をつかんでおり、他の国も気づいているはずだ。」

だって。

記事によると、中国の南東に位置する某国を指しているそうですよ。

あら、どこの国かしら?

北朝鮮ではなさそうね。

 

news.7654.com

 

jp.sputniknews.com

サントリーホール情報誌『Hibiki』〜稲垣吾郎インタビュー連載

 

ホール窓口で入手可だそうです。

装丁のデザインに癒されますね。