目からウロコ

ブログ名を変えました。(旧SMAPのいる日常)

レトルトカレーと週刊誌

テレビと週刊誌から拾ったネタですが、

コロナ禍による内食ブームのおかげで、M社の「調味・加工食品」、つまりレトルト食品の売り上げが前年比35.5%増なんですって。主にカレーですが。

家で食べる=料理する、ではないところが興味深い。

いつだったか、「週刊新潮」が体に悪い食品添加物の特集をやってて、今もその記事を捨てずに持っているんですが、レトルトカレーはいろいろ問題ありでしたよ。

めずらしいカレーが楽しめるので、私もたまに利用しますが。

老舗のボンカレーあたりが無難かも。

この添加物の表示も不要になるんでしたっけ。

困りますねぇ。

 

コロナの第1波が5月、第2波が8月、第3波が12月ってうまいぐあいに帰省の時期と重なり、都市と地方、親と子どもの分断に追い打ちをかけているのは偶然でしょうか。

知り合いの若い新婚さんは、赤ちゃんが生まれてすぐご主人がフィリピンへ転勤になり、そのままコロナ禍に巻き込まれて帰国がかなわず、可愛い盛りの子どもに全然会えてないそうです。

赴任先がベトナムならまだよかったんですが、気の毒で…。

なんか、ムカつきますねぇ。

 

話は変わりますが、「週刊現代」の見出しがちょっとおもしろかった。

 

f:id:gomatchi2858:20201130193104j:plain

 

安倍晋三劇場桜を見る会でボクを脅したって、下々の菅ちゃんは勝てないよ〕「叩き上げは叩き上げに過ぎない」w

 

「下々の菅ちゃん」って、まさか安部さんが言ったわけではないでしょうが、ほんまに菅さんが仕掛けたのかな。

今は安倍晋三劇場よりバイデンの足首捻挫のほうが気になりますが。