SMAPのいる日常

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

平成最後の日ではありませんよ

 

 4月1日に新元号発表、5月1日に即位という、紛らわしいことをするから、こういうことになっちゃう。

政府はちゃんと伝えたつもりでも、OECD加盟国を対象にした「国際成人力調査」によると、日本人のおよそ3分の1は日本語が読めなくて、3分の1以上が小学校3〜4年生以下の数的思考力しかないそうなので、なぜ今年のGWが10連休なのかを理解していない人が3分の1ぐらいいてもおかしくない。

とにかく明日の11時半には新元号が発表になるので、元号の中に「安」や「晋」や「信」の字が入ってないかどうかを固唾を飲んで見守ることになるわけですね。

ここまで話が大きくなってしまうと、さすがに「安」は外すと思うんですが。

もしかしたら、「安」を入れさせないために、わざと流布したとか?

どっちにしても、あとひと月で平成が終わります。

SMAPが去って、安室ちゃんが去って、ついにイチローも去って、平成が幕を閉じる。

去ってほしい人はちっとも去らないのに、去ってほしくない人はどんどん遠くに行ってしまう。これが世の常、人の常か。

次の時代にはどんなスターやヒーローが生まれるんでしょう?

テレビという媒体から生まれることはなさそうですね。