SMAPのいる日常

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

日本株の底入れはいつごろ?

森友学園で安倍さんや昭恵夫人と同じぐらい話題になっているのがM知事。

大阪の人はなんであんなのを選ぶんだ?から始まって、大阪は民度が低いだのバカだのいろんなご意見が飛び交っていますが、否定はいたしません。

でも、選挙前から芸人総出で持ち上げてテレビがそういう流れを作っちゃうんだもん。

ユリコちゃんブームに乗せられた東京都民もそう変わらないと思うわ。

 

2018年は難しいと聞いていたので、今年に入って株にはまったく手を出していないんですが、2015年後半から2016年前半にかけて暴落したあのときと同じ流れになるなら、下がり始めてそろそろ3ヶ月ですね。

近いうちに底入れして、夏に向けて上がり、8月、9月から暴落というパターン?

星回りを見ると、例の関税ショックのときがちょうど水星の逆行開始、金星と冥王星が90度(ハード)というタイミングでした。

4月14日が木星冥王星が60度(ソフト)、15日が水星の逆行終了、16日が新月、17日が金星と冥王星が120度(ソフト)、18日から土星が逆行開始……とイベントが集中するので、このあたりがターニングポイントかな?

上がるといいんですが。

 

アメリカの中間選挙の年は、貿易摩擦が起きやすいんですね。

例えば、ビル・クリントンが大統領になって最初に迎えた中間選挙が1994年10月。

就任当時から続いていた日米包括経済協議というのがなかなかまとまらず、中間選挙前から年をまたいで株安円高に見舞われた日本。

当時は村山政権だったからアメリカの要求に簡単に応じなかった?

1月の阪神大震災を経て、ようやく自動車・部品の交渉がまとまり、そのあたりから株高円安に転換したらしい。

だから、安倍さんが4月の訪米した際に少しでも歩み寄りがあれば、4月から5月にかけて株高円安になるのでは?という予測も。

でも、中間選挙の前にはもう一波乱ありそうですね。

結局、森友疑惑で安倍政権を揺さぶって、有利に通商交渉を進めようってことじゃないかと勘繰りたくもなる。

野党の大多数がそれに協力しているようにしか見えないのがとても寂しいわ〜。