SMAPのいる日常

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

今週はなんか緊張するなぁ……

明日からファンサイト「新しい地図」が本格的にスタート。

夜中の3時に公開でしたっけ。

お知らせメールが親切で、細かいところまで行き届いているって感じです。

美術展も簡単に行ける距離ではないので、やっぱり活動は東京中心なのね……という思いはあるんですが、その分、絵の撮影がOKだったり、ネットで配信してくれたり、地方にいるハンディーを感じないで済みそうですね。

そのうち地方にも来てくれるかも。

 

衆議院選挙の投票日まであと1週間。

安倍さんの選挙区から市民活動家の黒川さんが立候補して、きょうも山本太郎氏が応援に駆けつけているようですが、身の安全は大丈夫なのかな?

大阪ミナミでの街頭演説を聞いたんですが、タブーと言われる領域まで踏み込むから、すごいわ、勇気あるなと思って。

慎吾とはかつての「新選組」仲間で、原田佐之助の役でしたよね?

いまだに何となく気になる存在です。

 

そういえば、安倍さんが福島の演説で長州自慢をして聴衆が白けたという報道を見たんですが、それが本当だとしたら、配慮が足りないと言われても仕方がない。

会津の人がいまだに戊辰戦争の傷を引きずっていることを考えるとね。原発も含めて。

2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」も低視聴率で、井上真央ちゃんがかわいそうだった。

明治維新って要は薩長の軍事クーデーターだから、それが戦後の今もなお脈々と続いていることを視聴者はよくわかっている。

しかも下剋上

NHKにも「テロリストのドラマなんか放送するな」という苦情が多く寄せられたんですってね。

土方歳三が鳥羽伏見の戦いで薩長の鉄砲の威力を目の当たりにして、「刀の時代は終わった」と言ったという話は有名ですが、その鉄砲をいったいだれが調達したのか、背後から資金の援助していたのは何者?という疑問が出てくる。

そういうことを追っかけていくと、いろんな事実を知ってしまって、ショックのあまり、3日ほどよく眠れなかったわ。

つまるところ、もう一回、鎖国して、農業しながらのんびり暮らそうよという気になってくるんですよ。

これこそが反グローバリズム

 

今週は18日に中国の共産党大会があって、16日から20日まで米韓合同軍事演習が予定されており、それに合わせて北朝鮮がミサイルを移動したとの報道も。

再び緊張が高まっていますが、その一方で、北朝鮮から平昌五輪に参加したい旨の連絡があったとかなかったとか。

北朝鮮問題は、もう一つのアメリカとの戦いでもあるので、今後どうなるかはトランプ大統領次第ですが、これがまたよくわからないんですよね。

面従腹背(表面だけ服従するように見せかけて、内心では反抗すること)なのか、ほんとうに敵に取り込まれてしまったのか。

今はティラーソンが辞めないことを世界中の人が祈っていると思う。

 

20日は、てんびん座の新月が逆行の天王星オポジション

ちょっと気になるアスペクトなので、ここを無事に通過すれば安心かな。

来年の大河は西郷どん。

なんか意味深だなぁ。