SMAPのいる日常

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

近いうちに朝鮮戦争は起こるの?

SMAPのファンクラブが立ち上がった記念すべき日ではありますが、やっぱり気になる北朝鮮

さっきツイを見たら、トランプ大統領が金正恩を「ロケットマン」から「マッドマン(狂人)」へ格上げしていた。

対する北朝鮮のトランプ評は「火遊びが好きなチンピラ」で、こんなふうに罵り合っているうちはまだ大丈夫な気もする。

ロケットマン」は、エルトンジョンの歌詞を引用しているんですって。

 

SMAPの解散騒動をずっと追っかけてきて、できるだけ冷静に努めてきたつもりだったけど、初期のころのブログを見たら、恥ずかしいぐらい感情的。

最も陥りやすいのは、自分にとって都合のいい情報を信じてしまうことと、〇〇〇憎しの感情にとらわれて、客観的な事実を見過ごしてしまうこと。

これも当事者でなければ、そんなに難しいことではないんですが。

北朝鮮の問題も、地理的に近く、当事者であるがゆえに見過ごしていることがあるかもしれませんね。

 

もし南北統一が実現したとして、親中派の国家が誕生したら、日本やアメリカにとって不都合だし、親米派の国家が誕生したら、中ロにとって不都合。隣の中国にとっては脅威以外の何物でもない。

それなら今のままでいいんじゃないか……とつい甘やかしてしまったツケが今ごろになって回ってきたのかな。

そうだとしたら、関係国みんなの責任ね。

少し前までは北朝鮮も韓国も中国と親しかったはずなのに、あれっ?気がつけば、どちらも関係が冷え込んでいる。

北朝鮮は今の金正恩体制になってから、韓国はTHAAD配備をめぐって中国が激怒。

北朝鮮の暴走のせいで、文大統領も断るに断れなくなって、THAADを4基も配備。費用はもちろん韓国持ち。平昌オリンピックも控えているしなぁ。

このままいけば、南北統一の折に、反中・親ロ・親米の国家誕生もあり得るかも?

もしかして、プーチンとトランプの間でそんなことを考えていたんだろうか。

……なんてことをちょっと妄想してみる。

 

ここに来て、トランプ大統領が安倍さんに早期解散を促したのは、12月に北朝鮮情勢が緊迫するからという話が出てきました。

そこで、年末から年明け早々にでも朝鮮戦争が起こるのではないかと予想する人が増えてきたんですが、そういう情報は先もって流れるもの?

すべての戦争は誤算で始まり、ある日突然始まるものだと思っていた。

たとえサイバー兵器を使って短時間で収束できたとしても、平昌オリンピック直前に戦争をするのかな?

フランスの外相が見るに見かねて、「対話しないなら、そんな危険なところに選手を派遣しない」と言い出した。

ちなみに、マクロンさんは、緊縮財政のため支持率が30%に急落。国内でデモも起きているのに、日本のマスコミはなぜか報道しませんね。

 

この前、安倍さんがインドを訪問したとき、「中国の一帯一路構想を牽制した」と報じられましたが、これもアメリカの意向だったのかなぁ。

10月の共産党大会が終わったら、アメリカは経済問題で中国に対していろいろ注文をつけると思うので、ここでも中国包囲網ができ上がりつある?

案の定、中国が日本への海外旅行を制限してきました。

北朝鮮リスクが高まると、日本への観光客が減るおそれがあるし、仮にこのまま中国との関係が悪化したら、中国人が買い占めた東京のタワーマンションとかを一気に売ってくるってことはないのかしら?

そこに消費税増税が加わったら?

日本もオリンピックの開催国。

私たちの世代は、モスクワ五輪のボイコットが脳裏に強く焼き付いていて、要らぬ心配をしてしまいます。

 

長くなってしまったので、また今度。