📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

【番外編】 金融危機のシグナルを占ってみました。

2008年6月に起きた秋葉原通り魔事件。

同年9月、リーマンショック。

派遣切り、経済格差が問題となり、小泉政権下で靖国神社に結集していたミリタリールックの若者がプロレタリア文学『蟹工船』にドーッと流れた。

2009年8月30日、衆院選で圧勝し、民主党政権誕生。

景気の循環サイクルからいっても、早晩訪れるであろう不況。

そのとき何が生まれて、何が滅びるのでしょうか。

 

まず、過去に起きた金融危機を考察してみます。

西洋占星術を学んだ人ならだれでもできる程度のことです。

 

♀ 金星 ♂ 火星 ♃ 木星 ♄ 土星 ♅ 天王星 ♆ 海王星 ♇ 冥王星

ソフトアスペクト……セクスタイル60度 トライン120度

ハードアスペクト……コンジャンクション0度 スクエア90度 オポジション180度

 

① 世界大恐慌 1929年10月~

1930年11月、♃と♇がコンジャンクション、♄と♅がスクエア

政策の失敗により、世界中に被害が広がったのは1930―1931年です。

また、1930年11月、日本では北伊豆地震が発生。

1939年-1945年、第二次世界大戦。

  

② ブラックマンデー 1987年10月19日

♃と♇のアスペクトはありませんが、1987-1990年にかけて♄と♅がコンジャンクション、1989年は♄と♆がコンジャンクション。

日本では1988年にリクルートスキャンダルが起きました。

1989年11月、ベルリンの壁崩壊。

  

③ 日本のバブル崩壊 1991年3月~

1989年9月と1990年6月、♃と♆がオポジション

1990年代は ♅と♆がコンジャンクション(171年に一度)

1991年7月半ば、♃と♇がスクエア

1990年8月、イラクがクエート侵攻(湾岸戦争勃発)、10月、東西ドイツの統一、1991年1月、多国籍軍によるイラク空爆。

  

③ ITバブル崩壊 2000年12月~

e-コマースが現実化したのが1990年代末期。科学技術の革新を表す♃と♅のコンジャンクションが1997年3月、そして、バブル崩壊を表す♃と♇のオポジションが2001年5月に形成されました。この年の9月にNYで9.11テロ。

  

④ サブプライム住宅ローン危機 2007年~

リーマンショックは2008年9月ですが、2007年夏ごろからアメリカの住宅価格が下落しています。

2007年12月から2008年1月にかけて、♃と♇がコンジャンクション、それに対して♂がオポジション。

  

また、直近では、♃と♆のオポジションが2015年9月17日。

このときは1ヶ月ほど前に日経平均が天井をつけ、8月24日、チャイナショックで世界的に株価が暴落。

また、2016年6月、国民投票により英国のEU離脱が決定したときも、♃と♆が緩やかなオポジションを形成しています。

 

日本の地震についても少し。

1995年1月17日の阪神大震災では、♃と♇の緩やかなコンジャンクションに対して、♂がスクエア。

2011年3月11日の東北大震災では、♃と♇がスクエア、♅と♇が緩やかなスクエア。

2016年4月14日の熊本地震では、♃と♇がセクスタイル、♅と♇がスクエア、♂♄、♃、♆がTスクエアのコンフィギュレーション。

以上、3件の地震とも♃と♇のアスペクトが見られます。

  

木星は「金融緩和」を表すので、主に木星と冥王星、海王星、天王星のアスペクトに注目してみると、株や債券の暴騰・暴落 の可能性が高いのは……

  

2016年11月下旬 ♃と♇ スクエア、♀と♇ コンジャンクション

2017年3月下旬  ♃と♇ スクエア、♃と♅ スクエア、♂と♇ トライン、♀と♄ スクエア

    8月下旬  ♃と♇と♀がTスクエア、♃と♄と♂が小三角形

    9月下旬  ♂と♆ ♃と♅ ♀と♆ オポジション、♇が逆行終了

10月の半ばから徐々に緊張が緩和?

 

2018年1月上旬 ♃と♇ セクスタイル、♂と♃ コンジャンクション

    4月中旬 ♃と♇ セクスタイル、♂と♇のコンジャンクションと♀がトライン

    9月中旬 ♃と♇ セクスタイル、♂と♀と♅がTスクエア

 

2018年5月、景気の循環サイクルを表す天王星が7年ぶりに星座を移動 (牡羊座♈→牡牛座♉)します。

天王星は84年かけて12星座を一周しますが、80-90年前に何が起きていたか?

  

2019年1月中旬 ♃と♆ スクエア、♂と♄ コンジャンクション

    6月中旬 ♃と♆ スクエア、♄と♆ セクスタイル、♂と♄ オポジション

            9月下旬 ♃と♆ スクエア、♂と♆ オポジション、☿♀と♄♇がスクエア

 

北朝鮮の建国日でチャートを立てると、2019年1月は重要なポイント。

私はこのあたりで体制が変わるのかなと思っていたのですが……。

 

問題は次です。

かなりインパクトの強い配置です。                                                           

 

2020年3月下旬から4月上旬にかけて

♃と♇ コンジャンクション、♂と♄ コンジャンクション (4月1日)

このとき、やぎ座からみずがめ座にかけて♃、♇、♄、♂が横並びで♅とスクエア、♀とトラインを形成します。

同年11月、やぎ座の♃、♇、♄が♀、♂とTスクエア、☿と♅がオポジション

 

2021年1月-2月  ♄♃と♂♅がスクエア

 

以上、東京五輪の直後まで鑑定してみました。

2020年初頭がとても気になるなぁ。

これ以外にも細かいポイントはいくつかあります。

必ず何かが起こるわけではないし、時期が多少ずれたりするので、あくまでも参考程度ですが、何かのお役に立てれば幸いです。