読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

たとえアイドルをやめても……

さっきまでNHKで国会中継を見ていたのですが、下手なドラマを見るよりずっとおもしろくて。

安倍首相によると、「ずぶずぶの関係……」という言い方は下品らしい。

この一年余り、私は「ずぶずぶ」というフレーズを何度使ったことでしょう。

 ジャ〇ーズとN〇Kはずぶずぶ。

 ジャ〇ーズと〇ジはずぶずぶ。

 ジャ〇ーズと読〇はずぶずぶ。

 (ここの新聞はどうやら自民党の機関紙らしい⁉)

 ジャ〇ーズと『〇〇自身』はずぶずぶ。

 ジャ〇ーズと『〇〇セブン』はずぶずぶ。

日本のトップに下品と言われると、これからはさすがに使いにくいな。

「親密」でも「密接」でも「懇意」でもいいんだけど、心のどこかで癒着だと思っているから、「ずぶずぶ」という言い方をしてしまうのかしら⁉

 

話は変わりまして、先日のパワスプで初めて知りましたが、慎吾は最近になってようやく絵を描く気になったんですね。

時間に余裕ができたから、てっきり毎日絵を描いているのかと思っていた。

ずっと落ち着かない日々を過ごしていたんだなと思って。😢

それなのに、画家転身だとか、中国で絵を売る計画があるとか、マスコミはほんと適当なことを書くよなぁ。

まだ売る絵はございませんってよ。

 

ところで、慎吾のヒゲがまた復活していましたが、つよぽんもゴローさんも何でみんな揃いも揃ってヒゲなんでしょう?

正直な感想を言えば、一番似合っているのはつよぽんかな?

ゴローさんはまあまあ。

慎吾はちょっと顔がきつく見えるかもしれない。

3人とも脱アイドル?

大人への脱皮?

いや、もう十分大人ですが。

 

考えてみれば、自分では気に入らない、似合ってないと思っているヘアスタイルやファッションを人から褒められて、意外に思うことってありますよね。

もちろんその逆もあって、自分が好きなものと他人が気に入るものは違うんだなぁ……といつも考えさせられます。

タレントさんの仕事もそうなんでしょうね。

自分が好きでやりたい仕事と、第三者が見て、その人の魅力を最大限に活かせそうな仕事が一致しているならいいけど、それが往々にして違ってたりするので、やっぱり客観的な視点は必要。

それが演出家やマネジャーの役割なんでしょう。

自己プロデュースできる人はいいけど、やりたい仕事ばかりしていてはただの自己満足で終わってしまいそう……。

 

きのうの「ミになる図書館」は、ムダなものが削ぎ落とされてスッキリしましたね。

前回よりおもしろかった。

でも、あの美人の女優ランキングは、ゲストの菊川怜や中田喜子に失礼じゃないか?

なんなら放送作家のヨメとお友だちに来てもらえばよかったのに。

舞祭組のレオタードも必要なのかなぁ…。

視聴率は前回より落としたみたいだけど、裏がどれも鉄板だから仕方がないか。

そういう私も途中でちょっとNHKに浮気してしまいました。💦

「家族に乾杯」が見たかったので、ごめんなさい。

溝端淳平がカッコよくて♡

お肌もピカピカで、歩く姿もさわやか。

訪問先の女性が皆さんメロメロで、やっぱり若いっていいなぁ。

でも、この前のスマステで思ったんですが、及川ミッチーは若い~❢❢

47歳ですよ。信じられない。

 

「無限の住人」の客足がなかなか伸びませんが、SMAPのどのメンバーの映画でも結果はそう変わらないんじゃないでしょうかね、今のこの時期なら。

解散して一体だれが得をしたんだろう……といつも思います。

みんなそれぞれにダメージを受けて。

不仲のイメージが先行し過ぎて、そりゃあCMにも使いづらいでしょうよ。

一番いいのは、どんないきさつがあったにせよ、お互いにエールを送ることなんだけど、それもまだ時期尚早なのか、それとも自分たちの意思だけではできないのか。

あと、ビジュアルはやっぱり大切。

テレビに出る限りは。

アイドルをやめても、切磋琢磨してほしいなと思います。

これはお願い。

 

私はイスラム国の残酷な事件があってから、殺戮のシーンを受け付けなくなったので、「無限の住人」も見に行ってませんが、感想は気になるので、ファンとアンチ以外のレビューを探したところ、国際エコノミストの今井氏のブログにたどり着きました。

地政学リスクに絡めて、なかなかユニークな感想です。

映画「無限の住人」と地政学リスクとメタ・ハイ(第857回): 今井澂 公式ブログ