📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

【天声人語】 SMAPが背負う荷物

f:id:gomatchi2858:20161228134407j:plain

 

朝から天声人語に泣かされて、また目が腫れてしまった。

きのう、ミヤネ屋でもスマスマ最終回を振り返って、スポニチの阿部さんが「男ばかりの職場なのに、みんな泣いていた」と言ってたっけ。

昭和から平成という時代をまたいで生きてきた人間にとって、SMAPの解散にはやはり特別な思いがある。

SMAPにはたくさんの元気をもらったけど、そこはかとなく漂う哀愁や陰の部分も彼らの大きな魅力の一つで、私はそこに強く惹かれた。

その哀愁がどこから来るものなのかわからないけど、もしかしたら平成という重たい時代を背負っていたから?

なんてことを天声人語を読みながらふと思った次第です。