読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

えっ、SMAPファンクラブ会費の返金がもう始まっている?

※ この記事を書いた後にわかったことは、返金されたのは解散発表以降に振り込んだ方のみが対象だということです。

17年1月13日時点の最新情報はコチラ。↓ 

gomami.hatenablog.com

 

 

ツイッターで知ったんですが、会費の返金手続きが始まったというのは本当ですか?

SMAPは年内いっぱい存続するのに?

しかも手数料(493円?)が要るって?

コンサートのチケットを申し込むときにも850円の手数料を負担させられるけど、落選してもその手数料は戻ってこないですもんね。

そもそも事務手数料って何でしたっけ?

郵便局に支払うもの?

為替(返金時)を発行する手数料?

事務手数料を値上げするときに事務所から文書で説明があったように思いますが、内容をよく覚えていないんですよねぇ。

コンサートに行ける♪♪というだけで気前よく払っていた自分も悪いんだけど……。

嵐については、さすがに消費生活センターへの苦情が多くて、後払いになったというのを何かの記事で読んだことがある。

 

私の場合、お芝居やコンサートのチケットを取るとき、プレイガイドではなく、キョードーなどのプロモーターがやっている先行予約をちょくちょく利用するんですが、こちらも郵便局の口座あてに先払いするシステム。

でも、チケットに上乗せされるのは、送付に係る切手代だけ。

最近はあまり利用していないし、落選したこともないので、返金についてはよくわかりませんが。

 

それにしても、ビルをぽんぽん買うお金がある割に、相変わらずセコっ。

豪華な記念品も届いたし、支払った会費が惜しいとか、そういうことではなくて、もともとのシステムが疑問だらけ。

KinKiの件もあるし、今どき、e-コマースを避けて郵便局アナログ方式にこだわる理由を知りたいわ。

ここはものすごく大事なポイント。

新潮さんも、文春さんも、現代さんも、ポストさんも、そういうことをきちんと調べて教えていただけませんか?

 

それにしても、なぜこんなにSMAPの解体を急ぐのか。

ジャニーズ新体制(社長交代)の発足が近いのか。

 

今振り返ってみると、テレビ、ネット、紙媒体、いろんなメディアがSMAPの解散について報道しましたが、結局、人々の脳裏に強く残ったのは、あの公開謝罪と、解散騒動の引き金となった新潮の「木村の裏切り」、文春の「SMAPを潰したメリー副社長と工藤静香」ではなかったと。

ほとんどの人は週刊誌を買ってまでは読まないので、見出しだけで判断してしまう。

中身を見ると、たいしたことを書いていないんですが、たとえジャニーズから情報をもらっていても、そこにはギリギリのせめぎ合いが垣間見えてちょっとおもしろい。

そのおかげで拓哉への風当たりは相当きつくなりましたが、あとの4人もジャニーズに残って、それぞれが順調にタレント活動を続けていくことができれば、やっぱり木村くんの判断は間違っていなかったねという声も出てくるんじゃないかと思いますが。