読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

沈黙は金、多弁は錆なり

★SMAP スマップ解散騒動 メディア報道

『週刊文春』9/29号に掲載されたタッキーのインタビューを受けて、翌日には早速、東スポがSMAP4人への批判と銘打った記事を掲載。

東スポってジャニーズのことを好き勝手なことを書いているイメージはあるけど、今回の記事はなんか解せないなぁ。

あっ、東スポいえば、例のアイドルグループの疑惑はどうなった?

イラストのシルエットがジャニーズの某グループにそっくりだということで、ネットではちょっとした騒ぎになっていたけど、あれ、もしガセだったら訴訟もんだし、さすがにクレームが入った?

 

問題の文春は今、手元にありますが、記者がどういう質問をしたのか詳細に書かれていないし、都合のいい部分だけ切り取って掲載したなという印象です。

これは工藤静香のFRIDAYインタビューにも言えることですが、百戦錬磨の記者にまんまと乗せられた格好。

いじわるな質問をしたり、ふいに核心を突いて、相手を動揺させるのが記者さんのお仕事なんだから、幾多の修羅場をくぐってきたメリーさんでもうっかり乗せられてしまうほど巧みなのよ。

タレントが単独でインタビューに応じるなんて、ものすごくリスクが高いのに、何でさせたのかな?と思う。 本人たちが勝手にしゃべったとは考えられないし。

御用メディアを使っての事務所擁護がことごとく失敗するから、今度はタレントを矢面に立たせて、こういう手法に切り替えたのかと思わず勘ぐってしまうわ。

 SMAPの4人は何も語っていないし、事務所のことも木村夫妻のことも一言も批判していないから、どうしてもペラペラしゃべったほうが不利になってしまうんですよね。

 

明石家さんまサンがイイ例でしょう?

木村をフォローしてあげようと思う気持ちは純粋なものだったと思うけど、メリーさんやジャニーさん(過去には周防さんも)と懇意であることをやたら強調したのがまずかった。

自分はこんな偉い人らとつき合いがあるねん、ビッグやろー?と一体だれに向けて言いたかったのか。吉本か?

木村くんより自分を目立たせようとしたから失敗したのである。

で、さすがにもうしゃべらないと決めたらしい。

 

結局、4人を下げようが、木村くん1人を下げようが、SMAPとしての価値が落ちていくのは同じこと。

その手にだけは乗るまいと思う。

解散したって、SMAPのメンバーだったことが人々の脳裏から消えるわけではないんだから。

だから、拓哉さんもね、ラジオでの何気ない発言を悪用されないよう、それがたとえ事務所側の用意したテーマやシナリオであっても少し気をつけたほうがいいと私は思うんだ。

「(会場関係者に)京セラドームの5階席まで埋まるのはSMAPさんだけだって言われた」という、かなり昔に聞いた話をいまだにコンサートで嬉しそうに語っているような人だけに気がかりなのである。

耳に心地よい情報しか入ってこなくなったら要注意。

2年前のさんタクでさんまが拓哉のことを「子どものころから芸能界にいるから、人をすぐに信用できない。まず疑ってかかる」と語っていたのが印象的で、裏を返せば、簡単に人を信用して傷ついたことがあるということでしょう。

家族や友人は信用できても、芸能界というところはやっぱり海千山千の世界ですよ。

嵐だってSMAPの解散については終始一貫何もコメントしていないじゃないですか。

そこは4人と一緒。

 

ただ、タッキーの件も世間的には取るに足らない話だったようで、このブログの週末の検索ワードは「電通」がトップでした。

何もかも広告代理店任せにせず、企業独自で広告のスキルを磨くべきだという意見は以前からよく耳にしていましたが、今までそれがやりたくてもできなかったんでしょう?

これからは企業の姿勢も変わってくるんじゃないですか。

ビデオリサーチ(電通が大株主)の当てにならない視聴率に振り回されて、スポンサーも視聴者もいい迷惑だわ。