📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

SMAP5人の今後はどうなるのか

まずは山田美保子さんのコラム「芸能耳年増」です。 ↓

zasshi.news.yahoo.co.jp

 私もきのうのブログに書いたんですが、スポーツ紙の記者が抱えているジレンマというか、みんなそれぞれ立場があって、さまざまな矛盾と戦いながら働いているんだなと。

ずるいの卑怯だのと言われても、この競争社会を生き抜いていくために、目の前の正義に目をつぶることはだれにでもあるので……。もちろん私も。

心理学の教授が、「内向的で芸術家肌の人は残念ながら現代の競争社会は生きづらい。中世のヨーロッパに生まれていたら最高だったと思う」と話していたことがあって、慎吾を見ていると、ふとこの言葉を思い出すんですが、昨夜のスマステを見る限りでは、まだまだ諦めないよという力強さも感じました。

 

私も仲が良かった友人と8年ほど絶交状態にあって、もう二度と顔も見たくないと思っていたのですが(もちろん相手も)、ことしの春、共通の知人の葬儀で顔を合わせ、思わずハグをして再会を喜び合いました。

何でだろう?

元の関係に戻ることはないと思いますが、ただただ懐かしかったのかな。

本当に不仲なのかどうかわかりませんが、拓哉と慎吾にもいつかそういう日が訪れたらいいなと思います。

そのためには一旦離れることが必要かも。

 

年内いっぱいはともかく、来年以降それぞれの活動がどうなるかですよね。

TBSの木村ドラマは予定どおり1月から始まるとして、文春によると、つよぽんのドラマ(フジ系)は解散のゴタゴタで打ち合わせが全く進んでいないとか。

8月16日の昼過ぎ、日テレ本社の26階(ナカイの窓のスタッフルームがあるフロア)に飯島さんが現れたという話もあって、先日の田辺社長の件といい、隠れてコソコソと動いている感じではなさそうですね。

ある報道では、4人が田邊エージェンシーにすぐ移籍するという形をとらず、まずは中居くんの個人事務所を立ち上げて、そこに3人が移る、その場合もソロ活動のみで、グループでは絶対に活動させないとメリーさんが息巻いているという話でしたが、本当かな?

 

慎吾たちが解散を決めたのがいつだったのか、本当に8月10日だったのか、よくわかりませんが、活動休止か解散かという話し合いは5月から6月初めにかけてあったのではないかと思います。

6月に入って、ファンクラブ会報の送付、飯島さん取締役辞任に伴うJドリームの登記手続き完了、石原軍団との炊き出し、嵐のドームツアー発表など、急にバタバタと動きがありましたから。

もし独立or移籍の条件がSMAPの活動をしない、つまり解散ということであれば、SMAPを残したい気持ちはみんな一緒だと思うので、とりあえずジャニーズに残って休止という形をとったのかもしれない。

でも、休止は実質上の解散と同じであり、SMAPに絡む仕事はすべて終了する可能性があることがわかって、解散に踏み切った?

どっちにしても、最後の決裁をしたのは会社の責任者であることは間違いないですが。

木村夫妻がそのことを知ったのが日本だったのかハワイだったのかわかりませんが、〝木村のいないときに勝手に決めちゃった4人〟という汚名?をあえて受け入れたということも考えられますよね。

ジャニーズの信用回復のためにも、円満な形での独立or移籍を認めるのが一番の良策だと思いますが、ただ、それでは裏切り者呼ばわりされている木村くんに悪いので、花を持たせるためにいろいろ考えたのがあのシナリオだったとか?

事務所内のお家騒動はお家騒動で存在するとして、時には切り離して考えることも必要なのかもしれません。

さんまの言い方にも何か含みがありますよねぇ。

 

以上は私の妄想です。

また内容が変わると思いますので、あしからず。