📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

「音楽の日」にSMAPが出場しない余波

13日のおじゃマップSPは楽しかったですね♪

私も「ホテル三日月」のバイキングでステーキを食べてみたいな。

アートアクアリウム展は大阪でも開催されているので、ぜひ行ってみようと思います。

慎吾はこの撮影に合わせてひげを剃ったのね。

2日に比べると、9日のスマステが超絶好調だった理由がよくわかりました。

 

さて、TBSの「音楽の日」もフジの「FNSうたの夏まつり」もSMAPが出場しないのは決定事項のようですが、〝事務所が断ったのにメンバーのせいにするな!〟というネット上の声を打ち消すかのように、スポニチがこんな記事を書いてきました。

SMAP TBS「音楽の日」&フジ「FNSうたの夏まつり」辞退 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

東スポはこちら。↓

SMAP今夏「歌番組撤退」の謎 ジャニーズ側から出演辞退

 

何が真実なのかわかりませんが、事務所に出ろと言われたら出るでしょう。

自分たちの都合で断るなんて考えられない。

中居くんが司会なのに。

 

ただ、振り返ると、5月初めのジャニーさんの会見に多少の期待はしたものの、それ以降はこれといって目立った動きもなく、スマスマを見ても、新しい会報が届いても、こちらが望むような進展は何も見当たらなかった。

6月半ばの石原軍団との炊き出しボランティアを皮切りに、7月に入って、拓哉のCM更新やメディアでの露出が増え始めたのは、単にあの騒動から半年たってようやく世間の風当たりが弱まってきた(メリー・ジュリーさんへの批判とごっちゃにされている部分はあるので)からだと思っていたんですが、どうやらそれだけでもなさそう。

 

そもそも、ジャニーさんの承諾なしに飯島さんが独立・移籍を考えただろうかという疑問は私の中でずっと残ったまま。

これは、4人がクーデターを起こしたという汚名を晴らすためにも重要なポイント。

で、そうなったときに、これを何とか阻止しようと、メリーさんが拓哉サイドに働きかけたというのも十分納得がいく話。

ここまで来ると、5人が本音で話し合うことは早い段階でもう無理だったんじゃないかと。

メリーさんは、『週刊新潮』の取材に対して、年が明けても4人が謝罪に来なかったとおっしゃっているが、これもおかしな話で、〝所属タレントなんだから呼びつけたら済む話じゃないか〟という、あるメディアの意見に私も同感。

それもできないというのであれば、これはもはや同じ事務所とは言えない。

 

私は、5人の中のだれかを庇うつもりもないし、だれかを貶めるつもりもないし、5人が5人とも利権と人間関係のしがらみに足を取られて身動きできない間に、どんどん距離が開いて、このまま信頼関係の修復ができないとしたら、これほど残念なことはありません。

たぶん、騒動後もファンや世間の期待に応えて、何度も歩み寄ろうとしてくれたとは思うんですが、そのたびに横やりが入るのかもしれない…。

今現在も交渉中なら、推移を見守るだけですが。

 

そういえば、『週刊文春』は、騒動後、小杉さんに直接取材をOKしてもらってから、すっかり事務所(メリーさんサイド)に懐柔されている印象。

ここに来て、EXILEの事務所を叩き始めたし。?

「中居くんをしつけ直す」(正確には〝ジュリーさんにしつけ直される〟)というのは、ジャニーズ事務所の人間が文春の取材に答えて言い放った言葉なので、その方針に変わりはないということでしょう。

うちのやり方に従ってもらう。さもなくば……ですか?

だったら怖いわ。893の世界じゃあるまいし。

あとは『週刊新潮』に期待するしかないのかしら。それもなんだかねぇ。

まずは、ジャニーさんとメリーさんが納得いくまで話し合ってくださることが先決だと思いますが。

 

最後に、明日の「音楽の日」は、出演者もバラエティーに富んで、なかなか見ごたえがありそうですね。

中居くんが出てくれるだけで、見ている人もSMAPのことを思い出してくれるでしょう。

気を取り直して、心から楽しみたいと思います。