読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

「音楽の日」(TBS)の出演者発表待ち

★SMAP メディア報道 ☆中居正広

「音楽の日」の出演予定アーチスト第1弾が発表されました。

ジャニーズからは、KinKi Kids、NEWS、Kis-My-Ft2、Sexy Zoneの4組。

SMAPがどうなるかはっきりわかるまで、何も(喜びも感謝も怒りも愚痴も)書けないので、おとなしく静かに待機中。

FNSうたの夏まつりは、結局、SMAPの出演なし?

いろいろ思うところはあるけれども、昨夜の慎吾も元気そうだったし、ワッツは〝さかさまの空〟で、サムガは〝僕の太陽〟とSMAP曲が続いたし♪

〝僕の太陽〟は2005年のアルバム曲ですよね。

ザ・アイドル!って感じの。

覚えやすかったので、今でもほぼ歌えるわ。(≧◇≦)

何の根拠もないけど、希望は持っていいのかな~?

 

SMAPがこんなことになってから、改めてチェッカーズや東方神起のことを振り返ったりして、今になってファンの気持ちが痛いほどよくわかります。

当時はまったく他人ごとだったから。

そういえば、いつぞやの「ナカイの窓」で武田真治がチェッカーズの名前を出したときにはドキッとしたわ。

さりげなくぶっ込んでくるなぁと思って。

べーさんも相変わらず何食わぬ顔してぶっ込んできますね。

今のジャニーズに必要なのは優しさを持った心だって。笑

大好き♡

 

で、身近なところで今一番気になるのはNEWSかな。

KAT-TUN以上に波乱万丈なグループだったので、正直、山Pと錦戸くんが脱退したときにはこの先どうなっちゃうの?と心配しましたが、見事に再生、復活。

私はジャニヲタではないので、よくわからないんですが、山Pが飯島さんについたことが逆に良かったのかな?

ただ、KAT-TUNを例にとれば、4人から3人になるとどうやら休業に追い込まれるらしいので、ここで気を抜いたらダメですよ。

 

そこで、加藤シゲアキくん。

『朝日ジャーナル』での政治的発言について、私が気になったのは、SEALDsの趣旨に賛同したことより、「日本人だって、日本人をレイプすることがある。〝米兵がやったから〟というのはフラットな考え方とも思えません」という発言のほう。

この問題は重くて深くて、作家としての感性だけで語れるような次元の話ではないので、沖縄に駐留している海兵隊とは何ぞや、日米地位協定とは何ぞやというところからしっかり勉強したほうがいいと思う。

既に戦闘を経験している、あるいは、何かあったらすぐに戦地へ駆り出される人間の精神状態が非常に不安定で、時には抑えられないぐらい暴力的になるということも。

今回の事件は、軍属といっても元米兵ですから。

米軍の基地を自衛隊の駐屯地と同じように考えてはいけないのです。

過去に起きた「由美子ちゃん事件」を検索してみてくださいな。

 

政治に関心を持つこと自体は意義あることですが、単一民族国家であり、戦後の一時期を除いてずっと自民党が政権を担ってきたこの日本で、アメリカのハリウッドスターのように政治的発言をすることは非常にリスキーです。

それなりの覚悟と理論武装が必要。

ジャニーズの高学歴アイドルも珍しくなくなり、その中での生き残りを賭けて、ほかと差別化を図りたい、自分のカラーを出さなくちゃとそれぞれが焦っているように見えるんですが、これもSMAP解散騒動の余波ですかね?

 

さあて、参院選の投票に行ってこよう。