📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

『女性セブン』を読んだ感想 ~ SMAPの不仲説にはもう飽きたわ

きょうの文章は長いです。

 

きのう、たまたまネットで「SMAPの不仲説にはもう飽きた」というまとめ記事を見つけて、笑っちゃった。妙に納得。

私も、もういいよ、おなかイッパイで吐きそう…という感じです。

数々の疑惑が不信感に変わり、不信感が怒りに変わり、怒りが虚しさに変わり、最近はその虚しさが徐々に私の体力を奪っているような気がしないでもない。笑

 

この前、久しぶりに知り合い(コアなSMAPファン)と会って、ちょっと立ち話をしたんですが、彼女はツイッターはおろか、ヤフーニュースもほとんど見ないので、さすがにメンバーの不仲説こそ信じていなかったけど、それ以外の情報はほぼ一般並みです。

だから、あまりストレスを感じてないみたい。

どっちがいいのかしらねぇ~。

私はものごとの真相を知りたいほうなので、このまま続けると思いますが、「このところ体の調子が悪いな~」「夜眠れないな~」と感じる人は、しばらく情報から遠ざかってみるのも悪くないと思います。

知らないほうが幸せということもあるので。

 

そういう私も今夜はテレビもツイッターもヤフーニュースも見ないで、心穏やかに過ごすつもり。

金スマは落ち着いてから録画を見ることにします。

SMAPの解散騒動以降、歌番組はまったく見ていないし。(明日へのコンサート以外)

ジャニーズのタレントさんがピンで出ているものは、それがいわゆるジュリー派と呼ばれるメンバーであっても、まったく気にせずに見ていますが――現に今、一番お気に入りのドラマは「世界一難しい恋」だし、「志村どうぶつ園」も欠かさず見てるし――ただ、グループ活動を見るのはまだ複雑なところがあって…。

全然気にならないのは、関ジャニとキスマイぐらいかなぁ。

TOKIOも気にならないけど、CMに引っ張りだこなので、ちょっと嫉妬してる。笑

最近、関ジャニの出番が減っているような気がするんですが、気のせい?

 

さて、前置きが長くなりましたが、今週発売の『女性セブン』を買ってきました。

 

f:id:gomatchi2858:20160513105456j:plain

 

立ち読みしていたら、いろいろツッコミたくなったので。

女性誌を買うなんて30年ぶり?

しかも、あの騒動のとき、ダウンタウンの松ちゃんが中居くんに「土下座してでも謝れ」と言ったなんていう、でたらめ記事を書いて、すぐに謝罪したあの週刊誌ですからね、さすがに買うのは抵抗がありました。

ジャニーズの御用メディアの一つと言われているので、事務所の意向を知るには手っ取り早いかなと。

 

表紙はSMAP。

私の好きなブラックスーツ姿。上半身のみ。

5人の集合写真を切り貼りしたもの。

一見すると、悪くないんですよ。

謝罪会見と違って、みんな和やかな顔しているし…

と思ったら、一番端の拓哉だけなぜか笑っていない。

うん?

ほかに写真はなかったの?

なぜこの写真をチョイスしたのか、ここでまず違和感。

 

本を開いたら、しょっぱなの見開きページがくまモンと嵐からの応援メッセージ。

まあ、これはよしとして、次に行きましょう。

その次がディーン様で、アイスクリーム、学食の特集、金正恩のスーツ姿など写真が続いて、いよいよ記事に入ると、トップがSMAPの〝土壇場の25周年緊急ライブ実現までの全真相〟でした。

 

冒頭の文章がちょっとね…。

 

   天井に備えつけられた数百基の照明が一斉に消えると、5万人の観客から悲鳴にも似た歓声が上がる。

 会場に流れるオーバーチュア(序曲)。ステージに手を繋いだ5人のメンバー……(中略)……が姿を現す。

 5人が横一列に並び、互いの手をしっかりと握りしめ、号泣するファンを真っ直ぐに見つめる――

 SMAPデビュー25周年ライブ。ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏(84才)の頭の中には、すでにこんなオープニングシーンがしっかりと浮かんでいる。

 

(爆笑)

小説のような語り口に笑いをこらえることができなかった。?

これを書いた人、自分の文章に酔っていませんか?

おかげで、泣けるものも泣けなくなってしまったわ。

 

次に、ジャニーさんの「解散しない」宣言がなぜあのタイミングだったかという話に移り、4月27日発売の『週刊文春』の影響だと述べています。

 

  記事を読んだメリー副社長は胸中穏やかではなく、中居本人に説明を求めたといいます。一度修復しつつあった事務所との関係に、再び亀裂が生じようとしていた。そこでジャニー社長が表に出た。〝もうこれ以上かき回さないでくれ〟と珍しく怒りを露わにしていたようです。(スポーツ紙記者)

 

 これが本当なら、ジャニーさん、カッコいいけど…。

私もあの記事を読みましたが、中居くんが文春のことを〝敵〟と言ったぐらいで、何も目新しいスクープがあったわけでもないし、メリーさんが何で動揺するのかわからない。

一つ考えられるとしたら、飯島さんの最新の写真を見て、中居くんとまた何かコソコソやっていると疑ったとか?

まさか。

私は、熊本の一斉CMの件もあったのではないかと思います。

この件は私もブログで取り上げましたが、今まで経験したことのないような過去最高のアクセス数だったもの。

文春を読んだ感想も書いたけど、そんなん足元にも及ばない。笑

世間の関心が高かったのは、断トツで熊本CMの件です。

 

次に、25周年ライブについて触れています。

中居くんが自分がまとめるからコンサートをやらせてくださいとジャニーさんに伝えたという話の後に、

 

 解散危機を緊急回避するように、SMAP25周年ライブは実現に向けて動き出した。

「スケジュールとしてはかなり厳しいですが、急きょ会場探しを再開しました。ベストは11月から全国ツアーを始められること。東京ドームやさいたまスーパーアリーナなど打診しているようです。ツアー日程が決まり次第、新アルバムのレコーディングに入る予定ともいわれています。

 SMAPにとって最後のツアーになるかもしれず、社長の思い入れは非常に強い。

〝彼らのために、なんとしても大きな花火を打ち上げてあげたいんだ〟と意気込んでいました」(芸能関係者) 

 

 最後のツアーとか煽るのやめてくれる?

ダフ屋や転売屋においしい情報を与えてどうするの?

チケットが取れなくて困るのはファンなのよ。

 

で、その後、コンサートで動くマネーの話になって、定番のSMAPの不仲説にも結構な紙面を割いていますね。

このあたりはスルーしますが、気になったのは、4人が1人をハブしているというニュアンスから、木村がほかの4人と行動をともにするのを嫌がっているというニュアンスに変わってきたこと。

事務所が言ってた「寂しい思いをした木村くん」では、弱々しいイメージがつきまとうので、方針を変えてきたのかしらね。

今後、事務所発信による5人和解の報道が出ても、あくまで「木村が4人を許した」というスタンスは変えないだろうと思います。

 

あとは、「木村さんとほかのメンバーを結びつける接着剤の役割ができるのは、草彅くんかもしれません。(別の芸能関係者)」だって、つよぽん。

あれよ、ギターのピックの件。笑

 

最後に、前出の芸能関係者曰く。

 

「ライブはSMAPにとって大きな賭け。気持ちが一つになっていないままステージに上がれば本当に今後はありません。でも、ファンの声援を直に感じたメンバーが共に手を繋ぐことができたら、その時初めて解散騒動が過去になり、SMAPは伝説のグループになる」 

 もう一度5人で同じ夢を見るために――カウントダウンが始まった。

 

 (爆笑)

なーんだ、結局は、コンサートを大々的に盛り上げるための助走に入ったということ?

事務所があえてSMAPの不仲説を否定しないから、ファンも疑心暗鬼になっているわけで、普通なら否定するなり、5人全員をかばうでしょう。

ただね、あの直後に、「いえいえ、SMAPは何も揉めていないし、あったとしても過去の話です」と不仲説を打ち消して、すぐに25周年ライブの準備に取りかかったとしても、今度は世間が納得しなかったでしょう。

解散商法だとめちゃくちゃ叩かれたと思う。

もし事務所が「不仲なSMAPのメンバーが時間をかけて互いに歩み寄り、やがてコンサートで一つになった!」という感動的なシナリオを用意しているなら、だまされたつもりでちょっとだけ乗ってあげてもいいけど。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

※ 関連記事 

 

gomami.hatenablog.com