📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

ベッキーが金スマで復帰するとかしないとか

ジャニーさんの鶴の一声のおかげか、スマスマの和やかな雰囲気のおかげか、ベッキーに話題を持っていかれたおかげか(← 初めは他人事)、マスコミのSMAPへの関心が良い意味で薄らいできたので、やれやれと肩をなでおろしていたら、「ベッキーが金スマで復帰」、しかも「4月末に収録済み」との報道が流れてきました。

中居くんが絡むとなると、この時点で他人事ではなくなるので、ちょっと気が重いな。

 

ベッキーが契約していたCMの違約金はどのくらい発生したんだろう。

一日も早く復帰して、損失を埋めないといけないのはよくわかるけど、もう少し間を置いたほうがよいのでは?

ベッキーがしたことは褒められたことはではないけれども、記者会見も休業も復帰もどうせ事務所が全部決めて、事務所の指示に従っているだけでしょう。

文春への手紙も。

今のSMAPの置かれている状況と大差ない。?

 

流出したLINEのやり取りから、したたかで表裏がある(あざといと言うんだって)というイメージが定着してしまって、ベッキーがそれを払しょくするのはかなり大変だと思うけど、芸人やタレントにまで偉そうなことを言われてさ、これってサンミュージックの力が弱くなったせいだよね。

ベッキー個人じゃなく、サンミュージックを名指しで批判すれば、勇気あるなぁと思うけど。

 

サンミュージックって、昔はあこがれのプロダクションだったんですよ。

森田健作にあこがれて、桜田淳子がサンミュージックに入ったのは有名な話。

松田聖子の全盛期なんて、それはそれはすごかったんだから。

でも、岡田有希子があんなことになって、桜田淳子があんなことになって、のりピーがあんなことになって、今やベッキーが稼ぎ頭。

で、その次がカンニング竹山?

はぁぁぁ、そんなことなっているなんて全然知らなかったわ。

松田聖子が独立したときだって、どんだけ叩かれたか。

ゴシップの嵐ですよ、くる日もくる日も。

今のSMAPをめぐる報道なんて、松田聖子のスキャンダルから見たら、かわいらしいもの。

いつの間にか、節操のないふしだらな女に仕立て上げられていたし、私もそうなのかと本気で信じちゃったもの。

そのぐらい、当時のサンミュージックには力があった。

時代が変わったとはいえ、SMAPの独立も円満退社でない限りは反対だなぁ。

 

そういえば、あのナベプロは今どうなっているのかと調べたら、 今も健在でバラエティーに特化した事務所になっているんですね。

恵俊彰とか中山秀征とか。

あっ、ふかわりょうも。

なるほど、それで「ひるおび」のレギュラーコメンテーターをやっているわけか。

何で、ふかわりょう?と思っていたから。

MCのレギュラー2本持っているのは強いね。

ナベプロはまだ力があるということか。 

 

どっちにしても、そのプロダクションの趨勢は二代目のご子息、ご令嬢の手腕ににかかっていることは間違いないようです。

 

もう一つ、ベッキーとSMAPの騒動を通してわかったこと。

芸能界はあざとい。笑

テレビや一部のマスコミも。

すぐ勝ち馬に乗りたがって、相手の力が弱いと見ると、ぼこぼこに叩く。

子どもたちが見ていますよ、いいかげんにしないと。