読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

本日は小康状態~SMAP

スマスマはお休みで、つよぽんのがんばった大賞も終わり、SMAPをテレビで目にする機会が減るのは寂しいですが、そのおかげで、バッシング記事を目にする機会も減り(ネタがないんだな、きっと)、これもまあ悪くはないですね。

本日も日本の株式市場は大荒れですが、SMAP市場の波はわりと穏やか。

 

このごろになると、あの騒動の全体像がおぼろげながら見えてきて、一方だけが正しいとか、一方だけが間違っているとか、そう単純なことではないというのは理解できるようになりました。

あれっ、これって明石家さんまが最初に言っていたことじゃない?

 

例えば、元マネジャーさんがジャニーズとあまり仲がよろしくない事務所ともうまくつき合い、そこに新しい活路を見出していったのも戦略的にはありだけど、その力が大きくなればなるほど、当然、ジャニーズとはぶつかるだろうし、脅威に感じても不思議ではない。

 

それでも、やっぱり上司のミスを部下に謝罪させるのは納得いかんなぁ。

元をただせば、文春の取材に「SMAPを連れて出ていってもらう」じゃなく、「SMAPを置いて出ていってもらう」と言っていたら、こんなややこしいことにならなかったかもしれないのに。

 

さて、気を取り直して、注文していた本が届いたので読み始めています。

 

f:id:gomatchi2858:20160405194445j:plain

 

『Okiraku2』は、もっと写真が多いのかと思ったら、モノクロで意外に活字がぎっしり。

先に『SMAP~それぞれの想い~』から読んでいますが、いわゆる語録を集めたものですね。

テレビ局のスタッフや放送作家に取材をしたようですが、本人たちに直接インタビューしたものではなく、あくまでも伝聞ですから、そこは差し引いて考えないといけないんですが、決して不愉快な内容ではありません。

5人のSMAPが好きという人にとっては、ちょっと癒されるところもあります。

おもしろそうなところがあれば、後日改めてご紹介します。