📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

3/21 ミになる図書館SPと吾郎ちゃん

昨夜の「ミになる図書館3時間SP」はおもしろかった♪

身構えることなく、肩の力を抜いて、久しぶりに大笑いしました。

笑うのはいいこと。

笑えるのは幸せなこと。

 

Mr.Sのライブ映像も流れましたね。

すごく昔のことのような気がするけど。

あのビデオ撮影は大阪初日。

その日、たまたまアリーナだったので、私もDVDにちょこっとだけ映っていました、身内が見てもわからないほどちょこっとだけ。

見つけたんですよ、執念で。

 

吾郎ちゃんいじりはコンサートのMCでも定番ですが、中居くん、実にイキイキしていたな。

やんちゃっぷりが戻ってきたのが何よりうれしい。

騒動の直後は、どう振る舞っていいか手探りしている感じだったから。

 

そういえば、私、SMAPファンになった当初は吾郎推しでした。

コンサートに行くようになって、5人全員のファンになったから――そりゃあ、お手振りしてもらったり、全力でパフォーマンスしているのをナマで見ると、全員好きになりますよ、やっぱり――遠い記憶になってしまったけど、最初はそうだったんです。

 

いつの年のコンサートだったか、だいぶん前の話ですが、友だちが持っていた吾郎ウチワを見て、「えっ、あんた、ゴローちゃんのファン? めずらしいな~」と言い放ったおばちゃんがおりました。

まんざら知らない仲でもないおばちゃんですが、この無神経さが大阪民でも時々イヤになる。

確かに2Topに比べると地味な印象はありますが、上下にぶれない安定感みたいなものが今回の件で改めて見直されたような気がします。

 

2月の「恋と音楽 FINAL」も観劇しましたが、前回より演技力に磨きがかかっていて、これからもっと進化していくんじゃないかと。

もちろん、脚本、演出、音楽、キャストの力が結集しての話ですが、最後まで飽きることなく、本当に楽しいお芝居でした。

 

「不機嫌な果実」の潔癖でマザコンなダメ夫役、期待しています。

 

余談ですが、このとき、劇が始まるとすぐに居眠りを始め、目を覚ますとお菓子をつまみ、そしてまた寝て、また起きるとお菓子をつまんで…を繰り返していた隣席の女性が、カーテンコールになると真っ先に立ちあがり、「ゴローちゃーん‼」と大声で叫んでいたのが印象的でした。

高いチケット代がもったいないとも思いましたが、あの騒動の直後で気分が滅入っていただけに、この女性のライトな感じにすごく救われたことを付け加えておきましょう。

 

スマスマは録画してまだ見ていないんですが、次の放送までずいぶん空くので、後日ゆっくりと見ます。

(^.^)/~~~