📎SMAPのいる日常📎

ありふれた日常と、ときどき昔話、そしてSMAP

続けたかったな。。。

慎吾がスマステーション終了の一報を聞いて、「続けたかったな」と周囲に漏らしていたとか?

ソースはサイゾーですが💦

ジャニーズに残ったとしても、早晩終了させられたと思うので、月曜から土曜まで生番組を担当している大下さんにお休みがプレゼントされるんだな〜とポジティブに受けとめようと思います。

いつかまたご縁がありますように。

12日の番組内で正式に発表されるんでしょうか。

 

編成の決定権は局にあるので、どんなタレントを使おうが、どんな番組を作ろうが、視聴者としてはおもしろければそれでいいんです。

ただ、民放は不当なまでに安い電波利用料の負担で済んでいるんだから、視聴者(国民)の利益に供する番組づくりに努めるのは当たり前で、いくらスポンサーがOKしても、つまらない番組を公共の電波を使ってだらだら流すんじゃねぇよ。

視聴率が10%を超えたらといって、鬼の首を取ったように勝ち誇ってるんじゃねぇよ。

何という低レベルな戦いだ。努力が足りないんじゃないか。

…と、83歳の母がいつも怒っております。

まあ、私がしょっちゅう言ってるからですが。

ニュース番組にもタレントが出まくるようになり、どうせ台本どおりにしか話せないんだから、最初から何も期待しないし、そりゃあ、BSフジのプライムニュースが人気あるわけだわ。

  

公取委の研究会があさって4日からスタート。

いろいろ調べれば調べるほど、ぶつかるのが「既得権益」「天下り」「電通」の三本柱です。

その話はまた追々と。

いずれは法整備を期待したいところですが、業界がそう簡単に変わるとは思っていません。

体を張ってでも有名になりたいと思う人がいる以上、性接待はなくならないだろうし、テレビの情報を何の疑いもせず信じてしまう人がいる以上、権力者は世論を簡単に操ることができる。

何の調査か忘れたんですが、日本人のテレビに対する信用度って欧米に比べると断トツに高いんですってね。

たしか欧米は20%前後で、日本は70%ぐらいでした。

疑ってかからない。

そして、テレビの情報がそのまま選挙の結果に反映される。

この影響力の大きさを考えると、これからも監視の目は必要だと思います。

ネットを使う若い世代はテレビ離れがどんどん進んでいますが、それでもテレビの情報に流されないかといったら、そんなことはない。

私だって流されますもん。

 

今回、公取委が動いたのも、安倍さんの政策の目玉である「働き方改革」が大きいと思うんです。

つまり、厚労省。

電通の過労死の一件も厚労省が果敢に動いた。

厚労大臣は塩崎さん。

安倍さんと塩崎さんは朋友なので、私は今まで一体で考えていたんですが、今、2人の関係がぎくしゃくしている事実をすっかり見落としていました。

例の受動喫煙防止対策強化の件で、結局、安倍さんがタバコ族議員(=タバコ利権)に配慮したもんだから、厚労省が進める健康増進法改正案がとん挫しているんですよね。

三原じゅん子と大西議員のバトルをニュースで見た人いるでしょう?

 

公取委が本気を出してくれるかどうかは、あしたの内閣改造で塩崎さんが続投するかどうかにかかっているかも?

まずはそこからです。

 

<続く>

 

日経新聞に興味のある記事が載っていました。

言い忘れていました。
8月19日 19時~フジテレビ「金の正解!銀の正解!」に吾郎ちゃんが参戦するんですね。
「ほんとにあった怖い話」の番宣?
ゴロデラが放映されない地域なので、久しぶりに元気な姿を楽しみにしています。
 
さて、日経新聞にこんな記事が。
一部引用しますと、 
 
アイドルを独禁法で守れるか 公取委が研究会
2017/8/1 6:30
日本経済新聞 電子版
 
 カルテルや企業の独占行為の摘発を担い一般の人々にはほとんどなじみのない「公正取引委員会」。霞が関でもひときわ特殊なこの役所に7月以降、昨年解散したSMAPをはじめとするアイドルファンからの「激励電話」が相次いでいる。雇用契約を結ばず働くフリーランスの人材の保護のため、公取委が独占禁止法の活用を模索していると報じられたためだ。それがなぜアイドルファンを刺激したのか。
 (省略)
……そうした「雇用契約によらない働き方」をしている人材の典型が、芸能人やプロスポーツ選手。実際に公取委は、芸能人やプロスポーツ選手の契約実態を把握しようと大手芸能事務所やプロ野球球団などに接触している。そうした動きの一部が報じられ「解散の背景には事務所との確執がある」とみるSMAPファンの期待を高めたというワケだ。
 ただ、公取委は「個別の業界の摘発を想定した研究会ではない」(幹部)と、やや困惑ぎみ。研究会での議論も、プログラマーやシステムエンジニア、デザイナーなどのようにフリーで働く専門人材全体をカバーする内容で、現時点ではややファンの期待先行といった状況だ。
 とはいえ、これまで公取委と芸能界やプロスポーツ界の間には浅からぬ縁がある。古くは1950~60年代にさかのぼる。……(省略)
 
期待先行でいいんじゃないでしょうかね。
関心を寄せていますよ~ということが伝わるだけでも。
調べれば調べるほど現実を知って、期待値はどんどん下がっていくんですが、私もフリーランスなので他人事ではないんですよ。
今まで大きなトラブルはありませんが、クライアントによっては契約書を締結したりしなかったり、専属で契約する場合は多少の縛りがあったりと、いろいろですもんね。
ときどき悩みます。
 
期待値が下がっていく理由については後ほど。
 
<続く>

「スマステーション」(テレビ朝日)は9月で終了?

一部のスポーツ紙がスマステ終了を報じていますが、公式発表ではないので、結果がわかるまで様子見です。

一本満足バー(アサヒフーズアンドヘルスケア)のCMは、スポンサーさんが継続を検討してくれているようで、うまくいけばいいなぁ。

つよぽんのイメージがすっかり定着しているので。

ヤマサの昆布ポン酢は終了?

ほんとうに長い間お世話になりました。

スマスマが終わったときと同じぐらい寂しい。

 

スマステに関しては、当初は終了の方向でジャニーズ事務所とテレ朝の思惑が一致したんだろうと思いますが、公取委の一件を受けて、再検討せざるを得なくなったんでしょうか。

ただ、芸能界の慣例で退所後しばらくフリーということになれば、局側としてはゲスト選びにも苦労するだろうし、実際、おじゃMAPのゲストもほぼ固定されているので、その辺は理解できなくもないんですが、長く続いた番組だけに寂しいな。

貴重な生番組だし。

だからこそ、退所後、何をぶっ込んでくるかわからないという心配はあるでしょうね。

でも、テレビやラジオは状況が見えるだけまだマシ。

目の届かないところでひそかに妨害されたら、どうにもこうにも。

それこそ後ろ盾がつかないように根回しするとか、みんなで一斉に口裏を合わせるとか。

まあ、そうなったら、退所後に本人たちが公取委に申し立てすればいいんですけど、実証できるかどうか。

覚悟もないならジャニーズに残ればよかったじゃないかという意見も当然あるでしょうね。

ただ、それはあくまでも検討に値するだけの条件を提示され、本気で慰留されたにもかかわらず蹴ったということが前提なので、その辺がわからないと何とも言えない。

 

テレ朝といえば、安保法案をめぐり世論を巻き込んでの大議論になっていたころ、報道ステーションが偏向報道だの反日だのといって猛バッシングに遭っていたのを思い出します。

15年4月 幻冬舎の見城徹氏が番組審議委員長に就任。

15年9月19日 安保法案可決。

15年10月 高須クリニック院長が報ステのスポンサー降板。

16年3月 古館伊知郎が報ステを降板。

 

一方、TBSの「ニュース23」は、すぎやまこういち氏(現在は氏の志を百田尚樹氏が引き継いでいる)やケント・ギルバート氏が呼びかけ人の「放送法遵守を求める視聴者の会」なる団体が「安保法制批判は放送法違反だ」と読売新聞や産経新聞に意見広告を載せたのが15年11月25日。

批判の対象は、同番組アンカーの岸井成格氏。

16年3月 岸井氏がニュース23を降板。

 

このころは、支援者の援護射撃を受けて、安倍さんの思惑どおりに事が進んでいるように見えます。

安倍さんが2度目の首相の座について特に力を入れたのが官僚とメディア対策。

裏を返せば、第一次安倍内閣の失敗はここにあると言ってもいいのかもしれない。

メディア対策については、幻冬舎の見城さんが指南役。

各メディアの幹部と会食を重ねて、その中には毎日新聞の名前もあったと思います。

それなりに一定の成果はあったのではないでしょうか。

 

あれから1年半。

だれが今の惨状を想像できたでしょう?

保守メディアの日テレやフジまでが一斉に安倍バッシング。

百田尚樹氏はテレビから敬遠され、一橋大学の大学祭講演が圧力で中止。

安保法案のときは、あんなに安倍さんを擁護していた「ミヤネ屋」も手のひら返し。

しかも高須院長を怒らせる始末。

「ミヤネ屋」といえば、バーニングですよね。

バーニングが安倍批判に回るなんて、何が起こってるの?

 

そこで、公取委の話に戻りますが、みんなが気にしているのは公取委が本気かどうかということでしょう。

公取委が動いたのは、官邸の意向が強く働いているのか、それとも逆に、安倍さんの力が弱まったから動いたのか、それとも行政が意地を見せたのか、こればかりは結果を見ないと何とも言えませんが、ただ一つ恐れるのは、政治の力であいまいにされること。

どこかにヒントが転がっていないか、ネットで調べたり、何冊か本を読んでみました。

そのうちの1冊が、先日、安倍さんと会食をしたという政治評論家の森田実さんの著書。

電通を批判して表舞台から姿を消した森田さんが過去に何を語っていたのか、なかなか読み応えがありましたよ。

 

f:id:gomatchi2858:20170731115145j:plain

 

<続く>

稲垣、草彅、香取の3番組 退社後も継続へ

TBSの「ゴロウ・デラックス 」(稲垣吾郎)

テレ朝の「"ぷっ"すま 」(草彅 剛)

フジの「おじゃMAP!!」(香取慎吾)

 

10月以降も継続が決まった旨を各スポーツ紙が一斉に報道しました。

それぞれ局が違うので、ジャニーズ事務所が情報を解禁したんでしょうか。

 

香取&稲垣&草なぎ、レギュラー番組はジャニーズ退社後も継続!本人の意思尊重 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

稲垣、香取、草なぎの3番組 10月以降も継続へ - ジャニーズ : 日刊スポーツ

 

元SMAP草なぎ&稲垣&香取の冠番組 9月ジャニーズ退社後も継続― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

元SMAP香取、草なぎ、稲垣 退社後も番組継続…ただし年明け以降は不透明/芸能/デイリースポーツ online

 

おもしろいのが

 サンスポは、香取、稲垣、草なぎ

 ニッカンは、稲垣、香取、草なぎ

 スポニチは、草彅、稲垣、香取

 デイリーは、香取、草なぎ、稲垣

4紙とも名前の並びが違うの。

ニッカンは、あいうえお順?

どうでもいいんですけど、私は生年月日順にしました。(*^-^*)

 

読み比べてみると、ジャニーズに近いサンスポ、ニッカンは、事実のみを伝えて、私見を交えず。

「本人たちの意思を尊重」を強調。

スポニチとデイリ―は、先の見通しについて懐疑的。

<スポニチ>

3人との数少ない“接点”の場になっていた番組の継続はファンにとって朗報だ。ただ、民放関係者は「バックアップを失う3人が今後、新たな番組やドラマに出演するのはなかなか難しい。継続が決まった3番組も、年末や来春にどうなるか不透明。高視聴率がキープできれば当然番組は継続できるだろう」と話している。

<デイリー> 

年内放送は決まったものの、今後は不透明だ。関係者によると、6月に3人の退社が発表されて以降、「おじゃ-」の後番組企画が打診されているといい、「12月までの可能性がある」と説明。別の関係者は他2番組も合わせて、「バラエティーは1~2クールで終了するのでは」と年内か年度内の終了をほのめかしている。

表向きはともかく、これが業界内で噂されていることなんでしょうね。

公取委の検討会が答申をまとめるのが年度末だから、長くもって3月までということ?

まあ、チャンスを与えてもらったんだから、本人たちもスタッフと力を合わせて今まで以上に頑張ってくれるのではないかと思います。

何もしなくても次から次へと仕事が入ってきたころとは違うので、意識も変わってくるでしょうし。

 

おじゃMAPは、津軽鉄道の車体を塗り替える企画のころにはもう継続が決まっていたのかな?

あの日から、この番組を見るたびに、SMAPをものすごく身近に感じるようになりました。

スマスマのスタッフが大量投入された?

 

解散騒動が勃発したころ、遥洋子がカンテレの番組でブレイク前のSMAPについて語っていたんですが、当時はジャニーさんみずから付き添い、自動販売機で缶ジュースを買って、みんなに配っていた、そういう温かさがあったって。

SMAPが有名になってからは、遠慮して自分のほうから楽屋を訪ねるようなことはしなかったけど、慎吾ちゃんは新幹線で会うと、「はるかさーん」といっていつも向こうのほうから声をかけてくれると言ってました。

ジャニーさんに対する感謝の気持ちは、SMAP全員忘れていないと思いますよ。

 

SMAPの解散は今でも受け入れがたいですが、ただ、若手をどんどん売り出していくためにはやむを得ないのかなという思いもありました。

それが事務所のルールなら、従うしかないのかなと。

ところがですよ、フタをあけてみると、若手よりベテラン勢の露出が増えていませんか?

今、ベテラン勢に抜けられると困るのかな?

そのうえ、木村くんと中居くんの仕事も…となったら、そりゃあ、テレビの枠がいくらあっても足りないわ。

キャパは限られているんだから、なんでもっと計画的にデビューさせなかったんだろう?

慎吾の次は、吾郎ちゃんのネガキャン?

きのう、「ほんとにあった怖い話」(フジで8/19放送)の公式サイトに稲垣吾郎の名前を見て、喜んだのもつかの間、夕刊フジが「稲垣吾郎にうつ危機」という見出しつけて、ネガティブな記事を書いてきました。

なんでこのタイミングなんでしょう?

まさか本当は出演させたくなかったとか? (◎_◎;)

FRIDAYにちょっと上乗せしただけの記事に一々反応するのもバカバカしいですが、同じフジ系列ですし、夕刊フジはジャニーズ寄りの報道が多いので、一応、スクショをとって保存しておきます。

私は今のところ様子見という立場で、まだ何もアクションを起こしていないんですが、後々、役に立ちそうなものは証拠として残しておかなくちゃ。

慎吾がさんざん鬱だの過呼吸だのとネガキャンされて、今度は吾郎ちゃん?

そりゃあ、人間ですから、元気なときもあれば、落ち込むときもあるでしょうけど。

本当にうつ病で苦しんでいる患者さんに失礼だと思うな、この種の記事は。

吾郎ちゃんも慎吾みたいに自分の口から今の思いを発信できるといいんですが。

 

f:id:gomatchi2858:20170728140404j:plain

f:id:gomatchi2858:20170728140100j:plain

読みづらければ、こちらで。↓

稲垣吾郎にうつ危機 元マネジャー女史とスポンサーの間に不協和音、窮地の中でスポンサー探しに奔走か (1/2ページ) - zakzak

 

2016年11月の東スポの記事(慎吾引退)もアップしておきます。

 

f:id:gomatchi2858:20170728142547j:plain

f:id:gomatchi2858:20170728142606j:plain

読みづらければ、こちらで。↓

SMAP香取 来年9月で引退

 

いろんなネガキャンがありましたが、「引退」というフレーズを使ったのは、たしか東スポが初めて。

さすがにそのときは軽くショックを受けましたわ。

いつもの東スポの飛ばし記事だと受け流したいところですが、そうとも言えない状況がいろいろ重なったので、ワタクシ的にはこの件は看過するわけにはいかないんです。

ヤフーがこの記事をトップニュースとして取り上げたのをスクショしておかなかったのは残念。

 

時系列でまとめると、 

2016å¹´

11月5日 東スポ紙面にて「SMAP香取 来年9月で引退」と報道される。

11月7日 木村拓哉主演「無限の住人」のキャスト発表およびビジュアル解禁。久しぶりに木村くんの話題で盛り上がる。

11月9日 22日開催のパラサポ・フェスティバルにて慎吾が描いた壁画のメイキングムービーが初上演されるとの報道あり。

11月10日 週刊文春が東スポの後追い記事。この件で文春はジャニーズ幹部に取材しているが、幹部はあえて引退を否定せず。

11月22日 パラサポフェス開催。多くのSMAPファンが来場するも、慎吾が姿を見せることはなかった。

そうだ、9月3日に東スポが某アイドルグループご乱行事件を報じて、ちょっとした騒ぎになったこともありましたね。

 

思い起こせば、8月にSMAP解散を発表して、パラリンピック応援サポーターを辞退したわけですが、パラサポ側は「個人でも応援してもらえれば…」とおっしゃっていたんですよね。

日本財団パランピックサポートセンター。

日本財団の創設者はご存じのとおり笹川良一氏。

現在の代表理事は三男の陽平氏。

おじいさんの代から深い縁があって、安倍さんもよくご存じだし、たしか小池さんも。

政府が後押ししているにもかかわらず、ジャニーズ事務所が日本財団の意向を酌もうとしなかった理由がいまだに理解できない。

辞退するに際し、パラサポさんのほうに誠意ある説明がなされたんでしょうか?

きょうもいろんなことがありました。

ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017

館主は今年も稲垣吾郎。

継続でよかった。

フジテレビ♡♡♡

……ついこの前までさんざん悪口を言ってたくせに。

 

きょうもいろんなことがありましたね。

北朝鮮のミサイルは発射されず。

蓮舫代表辞任。

続いて稲田さんも?

今井絵理子議員の不倫スクープ。

恋愛がどうのこうのというより、政治家をタレント活動の一環ぐらいにしか考えてないんだろうな。

参議院は解散がないから、あと5年、この人に税金からお給料を払い続けるわけです。

それに見合う仕事をしてもらわなければ。(*_*)

 

昨日、二階派の研修会で二階幹事長が「今、自民党はいろいろ言われているが、そんなことに耳を貸さずに頑張らなくてはいけない」と挨拶して、みんなでエイエイオーと士気を上げていましたが、すぐ隣には中曽根弘文さんのお姿が……。

ご存じのとおり、奥さまは前川元次官の妹さんですよね。

政治家ってよくわかんないわ~。腹の底で何を考えているか。

 

それにしても、新聞はともかく、民放テレビが一斉に安倍さんを叩いているのは気持ちが悪い。

気持ちが悪いけど、今までにも何度も見た光景でもあります。

田中角栄(ロッキード事件)のときも、竹下登(リクルート事件)のときも、小沢一郎(陸山会、西松建設事件)のときも、そして、第一次安倍内閣のときも。

どれもアメリカ以外のアジア諸国とも仲良くしようというスタンスの政治家たち。

安倍さんも第一次安倍内閣のときは、就任して最初に、小泉政権下で関係が悪化していた中国と韓国を訪問したんですよね。

それがあかんかったのかな?

もちろん、不人気や女性問題、衆参のねじれなどで短命に終わった政権もあるので、何もかもアメリカが…というわけではありませんが。

年をとって、私も生き字引になりつつあります。

どうせBBAですから。

橋本龍太郎がコロンビア大学の講演で「米国債を売りたい誘惑にかられたことがある」とジョークを言っただけで、アメリカの株価が下がったこともありましたね。

米国債を売っちゃうかもしれないような首相は今後も長続きしないでしょう。

させてもらえるわけがないと思います。

 

私が最近気になったのは、13日に安倍さんが政治評論家の森田実さんと会食したという話。

森田実さんといえば、電通を批判して、テレビから姿を消した方ですよね。

干されたと言ったほうがいいのかもしれませんが。

もっとも関西のテレビには数年前まで出ていらっしゃいました。

電通を介してアメリカが民放テレビを支配しているというという話にはかなり興味があります。

ならば、今のような手のひら返しの一斉「安倍叩き」も何となく理解できる。

森田さんは脱アメリカ。

電通への強制捜査はやはり官邸主導?

ならば、公取委の一件は?

……ということで、森田実さんの著書を早速注文しましたので、また後日、感想をアップしたいと思います。

この問題、すでにジャニーズだのSMAPだのという枠を大きく超えて、どんどん手の届かないところに行ってしまいそう。

 

ちなみに、私は、ハリウッド映画もハワイもUSJもディズニーランドもコンビニもiphoneもハンバーガーも好きですよ。

「AERA」やっと4冊そろいました。

f:id:gomatchi2858:20170725141748j:plain

アマゾンから残り3冊が届きました。

発売日順に並べたつもりが、7月17日号と24日号が逆だった。

しかもKinKiの剛くんの肖像権を守るべく、ぼかしを入れたら、グロテスクになってしまった💦

ごめんなさい。

 

「ふたりきりで話そう 星野源×香取慎吾」もついに最終回。

 

17日号では、マイケルが実際に使ったペンを星野さんに触ってほしくて、わざわざ楽屋に持ってきた話とか、あと、ライブの演出について熱く語っているんですね。

香取 お客さんは僕らが思ってる以上に、その日を待ちに待って会場に来てくれてるんですよね。くり返しやってるうちに、こっちはルーティンになってしまいそうになるんだけど、お客さんは何週間も前にチケットをゲットして、今か今かと待ち構えていて。

星野 すごくわかります。自分もその気持ちを常に忘れないようにしたいです。でもスターと呼ばれるような存在の人で、そういう感覚を持っている人は少なくて、本当に素晴らしいと思います。

香取 僕はその思いがいつもどこかにありますね。

これは市村正親さんもよくおっしゃている。

サービス業全般に言えることかもしれませんが、自分たちはただ毎日同じことを繰り返しているだけでも、お客さんにとっては一生で初めての体験かもしれないので、そこは大事にしないとね。

 

31日号では、三谷さんのインタビュー記事の中で、オンオフの切り替えができないという流れから、しんつよの話が出ています。

どちらがいい悪いじゃないですよね。人それぞれです。俳優さんでも、ぼくは稽古場の姿しか知りませんが、草彅(剛)さんと香取(慎吾)さんは対照的でした。草彅さんは稽古の間中、家で毎日必ず、台本を頭から終わりまで読んでいたそうです。香取さんは、仕事とプライベートの切り替えがすごい。家に仕事を持ち帰らないかわりに、稽古での集中力がとんでもない。余計なことは一切しゃべらず、役に没頭する

 

星野さんとの対談では、もっぱら音楽の話が。

スマステにゲストで出てもらって、本当にパワーをもらったんですね。

あれからものすごく前向きになった気がする。

香取 そうなんだなあ。ほんと大きかったんですよね、「スマステ」に星野源がゲストで来たのは。

星野 あ、そうですか?

香取 大きかったですよ。一番は、音楽を思い出せたっていうこと。

星野 ああー、番組でもそう言ってもらえて、本当にうれしかったです。

香取 「SUN」が好きで、あ、ゲストが星野源だ、「SUN」を聴こうと思ったところから、何日間かで音楽っていいなと思い出して。

星野 うんうんうん。

香取 それこそ去年から今年にかけて音楽をまったく聴けてなくて。でもあの「スマステ」以来、音楽聴いてますもん。

星野 へえー、すごい!

香取 マジで。 

 絵を描きたいと思うようになったのもごく最近だとラジオで言ってたから、SMAPが解散して、一種の燃え尽き症候群みたいな状態だったんでしょうか。

前向きになって本当によかった。

 

きのうは夜更かしをしたので、久しぶりに「ぷっすま」をリアタイで見ました。

大阪は放送が深夜なので、いつも録画頼り。

つよぽん、太った感じはしなかったけどなぁ。

『月刊ザテレビジョン』の連載「お気楽大好き!」の継続も決まったそうで、こちらもよかった。

あとで本屋さんに行ってこよう。

 

それと、きのう初めて「コード・ブルー」を見ました。

今まで一度も見たことがなかったんですよ。

おもしろかったです。最後まで飽きなかった。

山Pも一時期すごく痩せて、一回り小さくなった?って感じだったけど、今ちょうどイイ感じですね。

このドラマ、フジテレビ再生の突破口になるか?